毛穴が引き締まり雑菌が繁殖しづらくなる脱毛の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガが気になる女性
脇にはエクリン腺とアポクリン腺の2つの汗腺から汗が出ていますが、ワキガの原因とされている脂質やアンモニアを含んでいるアポクリン腺の汗も含めてどちらもそれ自体は無臭です。しかし、脇の毛穴、皮膚の表面にある皮脂や老廃物と交じり合って雑菌が繁殖をしてしまうことで、独特のツンとした臭いを発するようになってしまいます。アポクリン腺の量は個人差があり、なおかつ雑菌が繁殖しやすい状態になっている人ほどワキガになりやすいのです。しかし、脱毛によってワキガの発生リスクを減少することができれば臭いを軽減することが可能になります。

脱毛でワキガのリスクを減らす

脱毛を行うことで広がった毛穴を引き締められ、毛穴内部に皮脂や老廃物が溜まりにくい状態になります。また、脇毛が綺麗になくなることで、ムダ毛に繁殖をしてしまう雑菌も減らすことができるのです。汗が雑菌と混ざり合って悪臭を発するリスク自体を減らせますから、ワキガを感じにくくなります。
もちろん、脇を清潔な状態に保っていなければ脱毛をしてもワキガは減らせません。大切なのは、皮脂や老廃物を毛穴内部や皮膚の表面に溜め込まないこと、雑菌を繁殖させづらい状況に保つことです。脱毛をすることによって汗の量自体が劇的に変化することはありませんが、雑菌が繁殖しにくい状態を作ることができますから、ワキガのかたの対策には有効になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*