産後のムダ毛処理を施す方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなるので、ムダ毛が生えやすくなります。

さらに、ホルモンバランスの乱れにより肌が外部からの刺激を受けやすくなるので、肌荒れに追われやすくなります。

特に、ムダ毛を処理する際に剃刀や毛抜きで自己処理を施すと、肌の乾燥を招きやすいです。

なぜなら、剃刀は肌に直接刃を当てるので肌の角質層を傷つけ、毛抜きは毛を抜く時に周りの皮膚を引っ張るので強い刺激を与えるからです。

また、毛抜きは肌のトラブルだけでなく、毛を抜く際に毛が完全に抜けないと毛が皮膚の中に残るので、毛のトラブルにも発展しやすいです。

つまり、産後にムダ毛処理を施す場合は、毛抜きによる自己処理を控えるのが重要です。

ちなみに、剃刀でのムダ毛処理は毛抜きと違って、肌を保湿することで肌が乾燥するのを抑えることができます。

出産後の肌はデリケート

産後の肌は敏感なので剃刀だと深剃りしやすいというリスクがあります。

なので、ムダ毛処理として電動シェーバーが剃刀より優れています。

電動シェーバーの刃は直接肌に当たらないので、剃刀と違って深剃りする恐れがなくなります。

そのため、電動シェーバーは肌に与える刺激を抑えてムダ毛処理を施せるので、産後の肌が敏感な状態でも肌に安全となります。

ちなみに、産後から半年経つとホルモンバランスが改善されるので、それに伴って肌の状態も改善されます。

そして、電動シェーバーでのムダ毛処理は、ホルモンバランスの状態に関わらずに肌に安全となる自己処理なので、産後のムダ毛処理にお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*