ワキ脱毛をしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキ脱毛をしたいけど踏み出せない女性に……

夏になると女性にとって悩みとなるのが、様々な部位のムダ毛です。
特にノースリーブの着用時にワキ毛が生えていると、腕を上げた時に人の視線が集まることになります。

恥ずかしい思いをしないためにも普段からの処理が大切なのですが、毎日行うとなると結構面倒なものです。

おまけにそれらの自己処理には肌トラブルがつきもの。カミソリや毛抜きを使っていると、埋もれ毛、黒ずみ(色素沈着)などが起こりやすくなり、かえってワキの状態も悪くなってしまいます。

あまりの面倒さに、

「いっそのこと脱毛してもらおうか……」

そんな考えが頭をよぎる女性も多いでしょう。でも経験のない人にとって、サロンに通うというのは結構ハードルが高いものです。

「どれくらいの期間、サロンに通うの?」
「完了までの施術の回数は?」
「痛みがひどいって聞いたけど……」
「料金は全部でいくらかかる?」

これらの疑問のせいで踏ん切りがつかず、結局はサロンに行かぬまま自己処理を続けている、という女性も少なくありません。

そこで、このページではワキ脱毛の料金や効果について詳しく紹介し、初心者の疑問を解決してみることにしました。

以下の情報が、脱毛を考えている女性の一助になれば、と思います。

「脱毛」ってどういうもの?

ワキ脱毛の情報を述べていく前に、「脱毛とはそもそもどういうものか?」ということを簡単に説明しましょう。

「脱毛」というと、電気の通った特殊な針でムダ毛を1本1本抜いていく、というイメージを持つ人がいるかもしれません。しかしそれは誤解で、施術においてターゲットとなるのは、皮膚の表面に伸びているムダ毛そのものではないのです。

ではどこにアプローチするかというと、皮膚の奥の毛根部分

具体的に施術の方法を説明すると、IPLやレーザーといった特殊な光を肌に照射し、毛根部分に強いダメージを与えていきます。

これらの光はメラニン色素にだけ反応する特徴を持っています。ムダ毛部分に当てると、奥に隠れている毛根部分で熱エネルギーへと変わり、毛乳頭、毛母細胞といった発毛を促す組織に大きなダメージを与えます。このことで発毛を阻害し、ムダ毛を処理するわけです。

この光を使う方法は、脱毛の歴史の上で画期的なものでした。手間と時間が節約できるために料金は安くなり、脱毛人口はどっと増加。
最近では顔、脚といったお馴染みの部位はもちろん、VIOなどの特殊な脱毛も気楽に行われるようになっています。

その中でもワキはトップを争う人気部位。やはり、夏になると肌を露出する機会が増えるため、「ムダ毛を処理するならまずワキから」と考えている女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集まっているために、汗の量が多い部位でもあります。汚れや老廃物が他の部位よりも蓄積しやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)といった病気、症状も生じやすいと言われています。

見栄えの良いワキ肌を保ちたいなら、ムダ毛を一刻も早く脱毛し、肌によくないカミソリなどの自己処理はやめてしまうのが無難です。

施術回数、料金、痛みの有無について

ワキ脱毛のメリットがお分かり頂けたでしょうか?

中には居ても立ってもいられなくなり、「すぐにサロンに通いたい」という人もいるかもしれません。

ただ、実際に施術してもらうとなると、以下のような点が気になると思います——

・施術回数はどれくらいなのか?
・料金はいくらかかるのか?
・施術時の痛みはあるのか?

これらの点について、順番に述べていきましょう。

まず施術回数。脱毛というのは、1回や2回の施術では効果がありません。ムダ毛が生えないようにするには毛周期の関係もあり、長い時間が必要となります。

特にワキは太い毛が集中的に生えている厄介な部位。
また毛根が深い場所なので、他の部位に比べて施術が大変だと言われています。

もちろん毛の質などによって差が出るのですが、脱毛が終わるまで12回から18回はかかる、と見ておいた方がいいでしょう。

続いて値段について。

これについてはサロンによって相当な違いがあるようです。たとえば、お金持ちの顧客が多い老舗の高級サロンの中には、少しの施術で高額な料金をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛については全般に値段は安めで、初心者向けのコースが多くなっています。

「その中でも特に格安の店は?」と思ってネットでチェックしてみると、ぜひおすすめしたい店がありました。

それは全国展開をしている有名サロン「ミュゼ」です。広告などで知っている人もいるでしょう。

オススメしたいのは特に人気のある「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金がたった100円なのですから驚きです。

こんな破格値で施術してくれるところはミュゼ以外には見つかりません。脱毛初心者にはピッタリと言えます。

さらにミュゼのメリットは、安さだけではありません。

実は、サロンでのフラッシュ脱毛というのは毛根部分が高熱に包まれるため、どうしても痛みが生じます。ミュゼはそれが軽微になるように工夫を凝らしているのです。

具体的に述べると、他のサロンのほとんどがIPL方式の脱毛機を使っているのに対し、ミュゼは新しいSSC方式の機器を採用しています。

IPL方式ではキセノンランプを用い、インテンスパルスライトを肌に当てます。

一方、SSC方式で使われているのはクリプトンライト。

キセノンランプは光を照射するだけで効果を上げられるのですが、クリプトンライトの場合、光だけでは脱毛できません。

ではどうやるのかというと、専用のジェルを肌に塗ります。

その上でジェル部分にクリプトンライトを当てると毛根が損傷を受け、発毛が抑えられるのです。

SSC方式の最大のメリットは、光のパワーが強くなくても脱毛効果があがる、という点。ジェルとの組み合わせで毛根にダメージを与えるため、高熱にする必要がありません。したがって痛みも軽減されるわけです。

「痛みが苦手なので脱毛はしない」という女性もいるようですが、ミュゼのSSC方式なら大丈夫です。

ワキ脱毛で失敗しないためには?

「格安で痛みがないため、ミュゼがおすすめ」と書きましたが、近所に店舗そのものがない場合もあります。そんな時は、他のサロンに通わなければなりません。

ただ、今は脱毛ブームのせいで新規サロンが急激に増え、以前よりもサロンの数が多くなっています。
あまりに店舗が多すぎて、初心者はどこにすればいいのか判断に迷うでしょう。

また、様々なサロンが目を引くキャンペーンを行っているのですが、これもプランがややこしく、どれが安いのかよく分かりません。

そこでサロンと契約する際、注意すべき点を3つほどあげてみます。

施術可能回数が極端に少ないプランは避ける

まだまだ脱毛について知識の乏しい人が多く、たとえば1回施術するだけでその部位の毛は一生生えてこない、と勘違いしている方がいるようです。

もちろんこれは間違っていて、1、2度程度の施術では、発毛を防ぐことなどできません。
確かに施術してから10日〜1ヶ月経つと無毛状態にはなりますが、さらに時間が経過するとムダ毛がまた生えてきてしまいます。

毛を根絶やしにするには、数ヶ月〜数年、IPLやレーザーといった光を当て続けなければなりません。

しかもワキのようにムダ毛が密集している部位は、12回から18回の施術が欠かせないのです。

というわけで、施術回数があまりに少ないプランを契約してしまうと、「結局は追加施術」ということになります。
そうなると高いプラン以上の金額が必要になるでしょう。

リーズナブルに脱毛するためには、安価なプランは無視し、何度でも施術可能なコースを選ぶようにして下さい。

契約前に返金制度や施術期限をチェック

ワキ脱毛を開始したら、最低3年間はサロンに通い続けなければなりません。

しかしサロンと契約したものの、「スタッフが不親切」などの理由で、契約を打ち切りたい場合もあるでしょう。

契約を中途で解約しようとすると、当然ながらサロンの方ではイヤな顔をします。まだ通い始めたばかりなのに、返金がほんのわずか、という店もあるようです。

トラブルにならないためにも、中途解約する可能性のある人は契約前に解約条件について聞いておきましょう。

また店によっては、契約日から一定の日数が過ぎると施術そのものができなくなる、というところもあります。その点も事前に調べておくべきです。

いずれにしても「ワキ脱毛は長い時間がかかる」ということを忘れず、できるだけ回数や施術期間に制限のないサロンを選びましょう。

施術後のケアを行ってくれるか?

ワキのケアはムダ毛処理だけでは十分とはいえません。

人に見られても問題がないようにするには、黒ずみなども改善したいものです。
そのためには肌の潤いをしっかりと保つ必要があります。

上述したように施術中の毛根は高熱に包まれるため、その周辺の毛穴や肌は乾燥しがちです。

脱毛サロンにはそれにキチンと対処し、施術後の保湿サービスを行っているところもあります。

こうした店なら美肌ケアも期待できますから、一挙両得です。

脱毛サロンと医療クリニックに違いは?

ワキ脱毛はサロン以外に、医療クリニックでも行われています。

では脱毛サロンと医療クリニックでは、どんな違いがあるのでしょうか?

現在、脱毛サロンで施術のメインとなっているのは、光(フラッシュ)脱毛という方法。そして医療クリニックでは、レーザー脱毛が主流になっています。

両方とも脱毛の原理そのものは変わりません。
メラニン色素に反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー)を肌に照射し、毛根にダメージを与えるというものです。

ではどんな違いがあるのかというと、毛根部分に損傷を与えるパワー。

レーザー光の威力は強烈で、サロンのIPLとは比べ物になりません。毛根の組織は徹底的に破壊されてしまうため、いわゆる「永久脱毛」も可能になっています。

また脱毛完了までの期間も短く、フラッシュ脱毛は10回以上の施術が必要ですが、レーザー脱毛の場合は数回で終わってしまいます。

もし「なるべく短い期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛をしてもらった方がいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜ料金が安いのか?

ワキ脱毛というのは他の部位より料金が格安です。
そのせいもあって、最初の脱毛箇所としてワキを選ぶ初心者が多いようです。

では、なぜワキ脱毛の料金は安いのでしょう?

まず考えられる理由としては「ワキが元々狭い部位だ」ということ。

サロンでは面積に応じて料金を決めることが多く、その点でワキは安価なパーツなのです。

そして第2に考えられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者は最初にワキ脱毛を選ぶため、「その料金を抑えることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしてもワキは手軽な部位。
サロンの技術もすぐ分かるので、まずワキから脱毛を始めるのが無難でしょう。

脱毛完了後、効果がイマイチな場合は?

サロン通いを3年続け、ワキ脱毛がやっと完了。でも、その結果に満足できない——。

そんな時、そのまま施術を続けることももちろん可能ですが、追加料金が馬鹿になりません。

そんな事態を避けるためにも、最初の契約時に12回以上のプランを選びましょう。

また、他店に乗り換えてもいいのですが、その場合は最初のカウンセリングからやり直さなければならないため、時間と手間がムダになります。

とにかく施術期間、及び回数に余裕を見ておくことが大事。

できるなら「施術回数が無制限」のサロンを選んで下さい。

脱毛するとワキ汗が増えるの?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、言及しておきましょう。

実はネットでワキ脱毛について検索すると「脱毛後、ワキ汗の量が増えた」という口コミが結構投稿されています。

こんなこと、実際にあるのでしょうか?

答えを先にいいましょう。こんな現象はありえません。

ただ、「ワキ汗がひどくなった」と勘違いしてしまう人は結構いるようです。

ネットでチェックしてみると、その理由は——

「ワキ毛がなくなったために、それまでせき止められていた汗が肌を流れるようになり、汗の量が増えたと勘違いする」

ということのようです。

つまり単に感覚の問題にすぎません。汗の量が増えたわけではないのです。

しばらくすると汗が流れるのにも慣れてしまい、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、色々な観点から、ワキ脱毛の情報、サロンの選び方について紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考にしながら、自分に合ったサロンを見つけて下さい。

ムダ毛が処理できればワキへの視線も平気になり、肌の状態もきっと良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*