最近流行しているVIO脱毛って一体どういうもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おしゃれのトレンドは変わってきても、若い女性が肌を露出する傾向はここ20年ほど変わっていません。
女子高校生がミニスカートから健康的な足をのぞかせながら通学するのは、すっかりありふれた光景となっています。

また、ここ数年はハロウィンの催しが定着し、日常生活ではとても考えられないような大胆な衣装で街に繰り出す女性も増えています。
それだけ日本人にも、西洋人並みのスタイルの女性が多くなったせいでしょうか。

ただ自慢の肌を周囲に見せびらかすのはいいのですが、その時に気をつけなければならないのが、いつの間にか伸びてしまうムダ毛です。

処理をしっかりおこなっていないとみっともないですし、一旦肌に視線を向けた男性からも「露出しているくせにだらしがない」と思われがち。

ただ毛抜きやカミソリを使っての自己処理は面倒くさいという女性も多いでしょう。そんな人にとって、プロの手で美しく脱毛できるサロンやクリニックは頼もしい存在。脱毛に興味がない人でも、テレビのCMや雑誌の広告などで自然に有名店の名前は覚えていると思います。

実は脱毛がこれほど一般化したのは近年のこと。以前は「美容電気脱毛」(特製の電気針で毛根ひとつひとつを破壊していく)という手法を取っていたこともあり、非常に手間と時間がかかっていました。
しかも痛みもひどいので、あくまで年配の女性が若作りのために受けるもの、という印象があったのです。

しかし最近ではレーザー系の光を使う効率的な脱毛機が考案され、脱毛してもらう人も年々増加。さら脱毛人口を拡大しようと、値下げキャンペーンも常に実施されています。

また、それにつれてプランも多種多様になりました。以前はワキや足がメインの部位だったのですが、現在では腕、顔、それに「VIO」というパーツが新たな人気を呼んでいます。

これを聞いて「え、VIOって一体どこの部位?」と驚いてしまう方もいるでしょう。
確かに施術人口は増加しているとはいえ、まだまだ脱毛などとは縁のない女性も多いので当然です。

そこでこのページを立ち上げてみました。脱毛未経験者向けのVIO脱毛の情報を色々と紹介し、あわせて脱毛一般についての注意点なども解説しています。

「VIO」って体のどこを指すの?

「VIO」というと何となくコンピューターのブランド名を思い浮かべるかもしれませんが、もちろんそれとは全く関係ありません。
実は美容系の宣伝などで「デリケートゾーン」と呼ばれる部位、つまり女性の性器からお尻周辺です。

V、I、Oは、それぞれ——

・Vライン(足の付根のデルタ地帯。別名「ビキニライン」)
・Iライン(女性器の脇に沿った2つの帯状のパーツ)
・Oライン(肛門を真ん中にした半径2センチの円い部分。別名「ヒップ奥」)

を指します。

つまり、それぞれのラインとアルファベットの形が似ていることからVIOと名付けられたのであって、別に外国語の頭文字というわけではありません。

ということで、「VIO脱毛」はアンダーヘアーの脱毛の意味です。

ただ上記のようにVIOは3つの部位のことなので、実際のプランでは3つバラバラに脱毛することもできます。

そして3ラインをまとめて無毛状態にしてしまう施術には、「ハイジニーナ」という別名もついています。

VIO脱毛についての情報が日本に伝えられた当初、その呼び名は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(現在でも一部のサロンや医療クリニックでは、広告等で「ハイジニーナ脱毛」と書いてあります)。

その時は、海外の有名人がおこなっている風変わりな脱毛、という印象があったのですが、現在では日本でもすっかりポピュラーに。
VIOは脱毛を受ける人の間で最も人気のあるパーツのひとつとなっています。

実際、アンケートでは「施術を希望する部位」として第2位にランクインしました。

Vラインの定番デザインについて

上に記したように、Vラインは各種アンケートでも常に上位に入る人気パーツ。

外国ではハイジニーナが一般化しているので、Vラインも完璧なツルツル状態にする女性がかなりいます。しかし、日本ではアンダーヘアーを脱毛したことをあからさまに知られたくないのか、大抵の女性が一部の毛を残すようです。

その時、「毛をどんな風に残すか」を決めなければなりません。

サロンやクリニックではそんな人のために、定番となるデザインを何通りか用意しています——

・逆三角形

「脱毛したことをあからさまにしたくない」と思う女性は、これにするのがいいでしょう。デザインの中でも最もナチュラルで抵抗のないものです。

・オーバル型

自然に見えるかどうかは微妙なところですが、デザインそのものはフェミニンで女性らしさをアピールできます。ちなみにオーバルというのは「楕円」という意味。

・Iライン型

字形の通り、アンダーヘアーを帯のような形にします。小さな水着を着たいという女性にはピッタリ。股の付け根が釣り上がって見えるため、「脚が長い」という印象を与えてくれます。

・Uライン型

「逆三角形」を丸っこく処理したデザインで、やはりナチュラルな感じです。

・スクエア型

「Iラインはちょっと極端すぎる……」という女性がよく選んでいます。ただ、いかにも脱毛しましたという感じになるので、好き嫌いは分かれるでしょう。

ちなみにVライン脱毛をサロンではなく医療クリニックでおこなう場合は、かなり慎重にデザインを選ぶべきです。

というのも、クリニックは永久脱毛。
つまりヘアーを一度脱毛すると、Vラインのデザインは半永久的にそのままになってしまいます。

奇抜なデザインをチョイスすると後で悔やむこともあるので、なるべく穏当なものにする方がいいかもしれません。

Oライン脱毛には一体どんな長所が?

VIOの中でも、とりわけVラインとIラインは施術したい人が多い部位。小さくてきわどい水着や下着を身につけようと思ったら、その辺りのヘアーはどうしても処理する必要があるからでしょう。

ところがOラインだけはなぜか人気がなく、脱毛する人の数はそれほど多くありません。

でもOラインのヘアーを脱毛すれば肛門の周りがキレイになり、不快感が減らせます。

また、セックスをする時も体位次第で男性の目がOラインに向くこともありますから、処理しておいた方が安心できます。

サロンやクリニックでの施術時は、渡された紙パンツに履き替えます。
それをスタッフが少しずつめくりながら、施術をするわけです。

施術時の体勢に関しては「四つん這い」、あるいは「うつ伏せでの開脚姿勢」の二択になります。後者の方が恥ずかしさの点ではマシなので、あらかじめスタッフに「うつ伏せ」とリクエストしましょう。

最初は恥ずかしさを感じるでしょうが、繰り返し施術を受けるうちに慣れてきます。

10〜15分ほどの施術時間ですみますから、ぜひOライン脱毛にチャレンジしてみましょう。

VIO脱毛の料金は?

脱毛に際して最も気になるのは料金でしょう。

ここでは「VIO3つを全て脱毛するプラン」の料金を紹介してみます(別々に施術を受ける場合は費用も異なります)。

まず、サロンで施術する場合。

有名サロンの料金は次のようになっています——

減毛程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回8,640円)

○完璧にツルツルにする

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回9,180円)

続いてクリニックで施術する場合。

有名クリニックの料金は次の通り——

減毛程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回18,540円)

完璧にツルツルにする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8〜9回のプランがありません)

こうして一覧にすると、サロンは回数が多くて料金も高く、クリニックの方がリーズナブルだとわかります。

特に湘南美容外科が格安なので、VIO脱毛をするなら料金の点でおすすめです。

脱毛完了まで何回も施術するのはなぜ?

上述したように最近は脱毛が一種のブームになっていますが、その詳細についてはまだまだ知らない人が少なくありません。

例えば、脱毛用のレーザーや光を1度肌に当てれば、そこのムダ毛はもう脱毛できたと勘違いしている人がいます。

実は1回の施術では脱毛は完了していません。一旦は無毛状態になっても、しばらくすると新しく毛が伸びてくるのです。
発毛を阻害するには、長い日数をかけて施術を繰り返さなければなりません。

「じゃあ短期間で何度も施術したら早く終わるのでは?」と考える人もいるでしょうが、そんなに簡単にはいきません。やはり日数をかける必要があります。

なぜ長い期間に何度も施術する必要があるのでしょう?

それには発毛サイクルが関わっています。

毛は生えては抜け落ちることを繰り返していますが、それには「成長期」「退行期」「休止期」という3つの期間を経ています。

このサイクルが「毛周期」と呼ばれるもの。普通は2ヶ月〜5ヶ月ほどで一巡りします。

3つの時期のうち、「成長期」は毛が伸び、皮膚の外へ出てくる時期です。

次の「退行期」は、毛の成長がストップし、毛乳頭から離れかけている時期。

そして「休止期」は、毛が毛乳頭から離れ、抜けるのを待っている時期です。

実は脱毛の施術というのは、成長期の毛にだけ効果を発揮します。全てのムダ毛が同じ時期に生え変わるわけではないので、退行期や休止期の毛は抜け落ちたとしても成長期になると再生してしまいます。

脱毛を完遂するには、毛一本一本の成長期に施術を合わせる必要があるので、どうしても日数がかかってしまうのです。

施術後の注意点について

サロンや医療クリニックでの脱毛には、専用のマシンが使われます。

これらのマシンには色々な種類がありますが、現在メインとなっているのはIPL(インテンス・パルス・ライト)やレーザー光といった、メラニン色素の黒色に反応する特別なライトを使うもの。これらを肌に照射して、高熱のエネルギーで毛根の発毛組織を破壊。そのことで脱毛効果を発揮するわけです。

毛根が高熱に包まれるためにどうしても毛穴やその周りが軽い火傷状態におちいり、肌の水分が失われてしまいます。

水分がなくなると肌は本来備わっているバリア機能を弱体化させ、かゆみ、赤み、むくみが生じやすくなります。

それだけならまだ軽微な症状ですむのですが、かゆみの部位をひどくかいたりすると弱った肌の内部に雑菌が入り込むことになり、様々な肌トラブルの元凶となります。

特によくあるのが毛嚢炎という症状です。

これはデリケートな状態におちいった毛穴に細菌が侵入して炎症となり、膿が生じたもの。
見た目がブツブツで赤いため、よくニキビと間違われます。

炎症が肌の表面にとどまっていれば、痛み・かゆみも感じません。そのまま放っておいても、1週間くらいで自然に完治してしまいます。

しかし感染が毛穴の深部に及ぶと、ふくらみが大きくなっておできそっくりになり、かゆみや痛みが生じる場合もあります。

症状がさらに進むと慢性化し、毛嚢炎の発症を何度も繰り返すケースもあるので注意しなければなりません。慢性化すると炎症の部位が拡がり、見苦しい傷跡が肌に残ることがあります。

そんなことに避けるためにも、施術のあとは入浴や激しい運動を避け、弱体化した肌をしっかりいたわりましょう。

以上、VIO脱毛の初心者向けの情報を紹介してみました。

もし「アンダーヘアーをカミソリや毛抜きで処理している」という女性がいたら、1度プロの手で脱毛してもらうことをオススメします。上述したように自己処理は美容的に有害で、肌のコンディションを悪くします。

脱毛すればデリケートゾーンが清潔になるばかりでなく、肌トラブルも解消されていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*