脱毛で肌がツルツル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メリット・デメリット

VIO脱毛のメリット・デメリット

最近、ハイジニーナ脱毛を行う女性が増えています。耳慣れない言葉ですが、VIO脱毛といえば「ああ、あれか」とうなずく人も多いでしょう。

「ハイジニーナ=VIO脱毛」というのは、アンダーヘアの脱毛のこと。
日本の女優・モデルさんたちが「VIO脱毛をやっています」などとメディアで発言したことから、一般に普及するようになりました。

ちなみに「ハイジニーナ」は、「hygiene」(「衛生」)から派生した造語。脱毛処理によってデリケートゾーンを清潔にする意味合いがあります。

アンダーヘアといっても種類があり、サロンでは施術の部位として以下の3つに分類しています——

・Vライン(ビキニライン)
・Iライン(大陰唇や小陰唇の周辺)
・Oライン(肛門周辺の直径6センチほどの部分)

「こんなところを処理してもらう人がいるの?」と思われるかもしれませんが、実は脱毛したい部位の第2位となっています(1位はワキ)。

それほど人気のあるVIO脱毛ですが、以下のようなメリットがあります——

・生理中のムレ・ニオイが減る
・毛先による肌のチクチクやかゆみがなくなる
・大胆な水着や下着が着用できる

また、自己処理が不要になることもメリットのひとつ。自己処理していると刺激のせいでメラニンが活性化し、肌が黒ずんでしまいます。しかし、脱毛によってその必要がなくなり、肌のコンディションが整います。

ただ、いいことばかりではありません。デメリットも存在します。

デメリットのなかで最も厄介なのは、施術中の痛みが強い、という点。ネットの口コミでは「熱い剣山で刺されるみたい」という表現をしている人もいます。デリケートゾーンと呼ばれるだけあって、痛みを感じやすいようです。

「VIO脱毛をやってみたい」という人は、以上のメリット・デメリットを考えながら、施術を受けて下さい。

所沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*