チェックを忘れがちな背中の毛を脱毛してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

数年前、ある週刊誌のネット記事に、

「”肌が汚い美人”と”肌がきれいな不美人”のどちらを選びますか?」

という男性向けのアンケートが載せられていました。

その集計結果を見ると、以下のような数値になっています——

1位:肌がきれいな不美人……37%

2位:肌が汚い美人……32%

3位:どちらともいえない……21%

4位:その他……10%

そして、1位である「肌がきれいな不美人」を選んだ男性の意見には、以下のようなものがありました——

「肌がきれいだと清潔感があって好感度が上がる」
「肌の美しい女性は年齢を感じさせない」
「肌がきたないと生活が乱れているんじゃないかと思う」

つまり、男性の目からは、肌の魅力というのは、顔の造作や年齢をカバーできると考えられているのです。

この結果を見て、うれしくなる女性も多いでしょう。生まれ持った容貌は整形でもしない限り大きく変えることはできませんが、肌さえキレイに手入れすれば、男性への強いアピールになることが分かるからです。

実際、熱心に美容に取り組み、顔や腕、それから脚などの肌のケアを日夜欠かさない女性が多くいます。

しかしそんな人でも、案外見逃しがちな部位がひとつあるのをご存知ですか?

それは、「背中」です——。

背中というのは自分の目で見るのが難しいだけに、そのコンディションを丁寧にチェックすることができません。特に問題なのはムダ毛の存在です。ケアをしないで放って置くと、いつのまにかムダ毛が背中一面に伸びていて、改めて確認した時にショックを受けることになります。

そうなっても「背中は別に人目につかないから、放置しても平気」という女性もいるかもしれません。

ただそんな人でも、近い内に結婚式をあげるとしたら話が違ってきます。人生一度切りの晴れの舞台ですから、できるだけキレイに着飾りたいでしょう。背中を大胆に露出したドレスなど、ウェディングでは定番ですから身につけたいはずです。

もし式の準備が大詰めとなった時に背中の状態が良くないことがわかったら、大急ぎでニキビやムダ毛のケアをすることになります。しかしその場合、時間が不足していて、ケアもいい加減になりがちです。

肌のコンディションが完全でないために、着たいドレスをあきらめるのでは、せっかくのウェディングに悔いが残ることになります。そんな羽目に陥らないためにも、普段から背中のケアをしておくことが大事です。

ただ背中の毛を自分で剃ったり抜いたりするのは大変なので、どうしてもサロンやクリニックで熟練したプロに脱毛をお願いすることになります。

そうはいっても、いざサロンやクリニックに出かけるとなると、二の足を踏む女性も多いでしょう。ある脱毛に関するアンケートによると、「脱毛を体験してみたい」と思うものの、なんだか不安で施術へ踏み切れない、という人がかなりいるようです。

そこでこのサイトを作ってみました。背中脱毛の料金、現在の施術方法を中心に、色々なトピックを初心者向けに解説していこうと思います。

背中脱毛の料金相場はいくらぐらいなのか?

脱毛しようかどうか迷っている時、まず調べたくなるのはその施術料でしょう。

サロンとクリニックとでは脱毛完了までの回数、そして施術方式にも違いがあり、1回の料金も違ってきます。

・脱毛サロンの場合

ほとんどの脱毛サロンでは、施術パーツに「背中上部」と「背中下部」があり、1回の施術料がだいたい5,000円となっています。つまり背中全体を脱毛すると、合計で約10,000円となるわけです。

なお脱毛は1回や2回では効果がなく、無毛状態をキープするには何回か施術を継続しなければなりません。

脱毛サロンで背中を脱毛してもらう場合、もちろん個人差はありますが、毛を減らす程度で6〜11回、完璧に無毛状態にするには最低12回施術を受ける必要があります。

つまり、10,000円×12で120,000円くらいです。

ただし、サロンではキャンペーンをよく実施しているので、もっと安くで脱毛できる場合も少なくありません。

・医療脱毛クリニックの場合

クリニックでの背中脱毛は、1回15,000円くらいが相場です。

また、施術回数はサロンよりも少なく、人によっては4回〜5回で十分減毛効果が得られます。ただ、ツルツルにしたい時は、8回ほど施術を受けるのが無難です。

ということでクリニックの施術料は、15,000×8で、約120,000円になります(つまり結果的にはサロンと同じくらいです)。

ただクリニックの場合、サロン以上に施術料に差がありますから、公式サイトなどで事前にチェックしましょう。

以上の料金をまとめると——

・脱毛サロンの場合

1回……10,000円/脱毛完了(12回)……120,000円

・医療クリニックの場合

1回……15,000円/脱毛完了(8回)……120,000円

となります。

背中のムダ毛は脱毛効果があがりにくい?

実は背中は、脱毛しても効果があがりにくいパーツとされています。それは背中のムダ毛が、他のパーツに比べて細くて色が薄いからです。

「なぜ細くて色が薄いと、脱毛しても効果があがりにくいの?」と思われるでしょうが、それは今の脱毛方式と密接な関わりがあります。

以下、サロンとクリニックで導入されているマシンの紹介をしながら、その理由を書いていきます。

現在、サロンで1番採用されているのは、IPL脱毛という方式の機器です。

この機器は、IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を肌に当て、毛根の発毛機能にダメージを与えます。もともとは「フォトフェイシャル」(シミ、くすみなどを治癒する)用にエステで使われてきたもので、脱毛用ではありません。

しかし、「フォトフェイシャルを受けているうちにムダ毛が伸びなくなった」という顧客が多くいたため、改めて実験を実施したところ、発毛を阻害する働きが分かりました。以後、サロンでも脱毛用に採用されることになったのです。

IPLの最大のメリットは、複数波長を備えた混合光であること。そのせいで肌へ損傷を与えることなく広い範囲に照射できます。脚、背中にはピッタリで、施術も短時間ですむために料金も抑えられます。

ただ、光が広い層に分散するため、毛根にダメージを及ぼす威力はそれほど強くはありません。

一方医療クリニックで多く使われているのは、「レーザー脱毛」の機器です。これはレーザー光を肌に照射して脱毛効果を発揮します。

実はIPL脱毛にしろレーザー脱毛にしろ、脱毛の仕組み自体はほとんど変わりません。機器から照射される光線はいずれも、黒いメラニン色素にぶつかると熱を発する特徴を持っています。

毛穴のある肌に当てると、ムダ毛に反応して熱エネルギーに変わり、やがてその熱は毛根へと集まってきます。高熱によって毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった組織が大きな損傷を受け、ムダ毛が伸びなくなります。

ただ「仕組みは変わらない」といっても、照射パワーにはかなりの違いがあります。レーザー光の威力は激烈で、発毛部位は完全に死滅します。そうなるとムダ毛はもう生えてこず、その部位は死ぬまでツルツルのままです(これが「永久脱毛」と呼ばれるものです)。

「そんなパワーを備えたレーザー光なら、背中脱毛にも効果的なのでは?」と思われるでしょうが、そう思い通りにはいきません。

というのも、背中のムダ毛にはメラニン色素がほんのわずかしか含有されておらず、レーザー光を照射しても発熱そのものが起こりにくいからです。

「では、背中の色の薄いムダ毛に脱毛効果を発揮できる方法はないの?」ということになりますが、それは以下のセクションで述べていきます。

背中の薄い毛にも脱毛効果が上げられる方法は?

背中のムダ毛を効率的に施術する方法には、以下のようなものがあります——

・S.S.C.方式のマシンを用いる
・ダイオードレーザーで脱毛する
・美容電気脱毛ができるクリニックへ行く

これら3つの方法について、順に説明していきましょう。

まず、S.S.C.方式ですが、これは脱毛ラボ、ミュゼといった有名サロンが導入しています。S.S.C.は「スムース・スキン・コントロール」の頭文字を取ったものです。

上で解説したIPL方式との差は、ライトだけでなく専用ジェルを肌に塗ること。IPLでも連射する際は滑りを良くするためにジェルを塗ることがありますが、このS.S.C.方式のジェルはそれとは全く違います。

このジェルには「フィリニーブ」というオリジナルの成分が入っています。ここにはサルチル酸、尿素、セイヨウシロヤナギのエキスなどの天然由来成分が配合されており、これらが毛穴から毛根に浸透し、発毛機能を阻害します。

前のセクションで述べたように、IPL脱毛では原理的に背中のムダ毛に効果があがりません。しかし、ライトとジェルを一緒に用いるS.S.C.方式なら、メラニン色素をターゲットにすることなく施術できるので、背中の毛穴にもダメージを与えられます。

次に、ダイオードレーザーを用いた施術です。

医療クリニックではレーザー光を使って施術していますが、用いられるレーザーには——

・アレキサンドライトレーザー
・ヤグレーザー
・ダイオードレーザー

の3種類があります。

これらはそれぞれ異なった特徴を持っているのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーよりも威力の高い光を照射できる点が大きな長所となっています。

「パルス持続時間」というものがレーザー光のパワーの基準となっていますが、ダイオードレーザーの数値は3/1000秒と非常に短く、このことで脱毛効果を増加できるのです。

ダイオードレーザーを照射できるマシンには「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2つがあります。
どちらかを導入しているクリニックを探せばいいでしょう。

次に美容電気脱毛です。昔からよく用いられてきた方法で、光線を使った施術が一般化する前は、これが脱毛の主流でした。

「絶縁針」(別名「プローブ」)という針を毛穴の一つ一つに突き刺し、電気を流して発毛機能に大きな損傷を与えるため、「ニードル脱毛」「絶縁針脱毛」とも呼ばれています。

針と電気によって毛根に物理的なダメージを及ぼすので、脱毛効果は他の方法より高いとされています。

これなら施術効果にメラニン色素の有無は関係ないため、背中は完璧にツルツルの状態になります。

ただ、毛穴に針を突き刺した上に電気を流すわけですから、痛みはかなり激烈なものです。痛みがイヤだ、という人にとっては、施術は責め苦に近いでしょう。

また、ひとつひとつの毛穴を手作業によって処理していくので、脱毛完了に至るまで相当な時間が必要ですし、施術料もとても安価とは言えません。それらのデメリットを十分理解してこの方式を選べば、ほかの脱毛方法よりも高い脱毛効果が得られます。

以上、3つの方法について説明しました。

このうち、1番やりやすいのがS.S.C.方式です。どれをチョイスすればいいか分からないという人は、とりあえずS.S.C.方式をやってみるのがいいかもしれません。完璧な無毛状態にはならなかったとしても、毛の量を抑える効果だけは確実です。

ただ「背中を完全にツルツルにしたい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛が1番でしょう。

背中脱毛に関する疑問点

背中脱毛について疑問を感じるところをQ&A形式でまとめてみました。

Q.脱毛すると背中ニキビが快癒するって聞いたけど?

脱毛の結果、背中の肌が無毛状態になると、確かに度々できていたニキビが治ったりするようです。

これは、ムダ毛が失われることで開いていた毛穴が閉じ、炎症、皮脂の詰まりなどの肌トラブルが減少するためです。

ただ、施術直後に関しては注意が必要です。施術によって皮膚が乾燥し、皮脂の分泌が促されてしまいます。

そうなるとニキビもできやすいので、しっかりと化粧水やクリームを塗って肌を保湿しましょう。

Q.施術のせいで硬毛化現象が起こる?

硬毛化というのは、もともとは薄くて細い毛が、何かの刺激によって太い剛毛になってしまうこと。施術時に毛乳頭に加わる高熱が原因になっている、とも言われていますが、まだしっかりした解明はなされていません。

確かに施術で硬毛化が起こることもありますが、脱毛を継続すれば他のムダ毛と同じように処理できるので、特に気にする必要はありません。

以上、初心者向けに背中脱毛に関する情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

7月8月を迎えると海やプールに出かけることもあって、背中を露出する機会が増えてきます。
知らないうちに伸びてしまったムダ毛を脱毛してもらい、肌のコンディションを整えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*