脱毛後のお風呂について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

施術の後のお風呂

なぜ施術の後のお風呂はダメなの?

サロンや医療クリニックで施術を受けた後、エステティシャンや医師から「今日は湯船につかるのはひかえるようにして下さい」と必ずいわれます。

人によっては「大きな手術を受けたわけじゃないのに、なぜ入浴はダメだといわれるんだろう」と不思議に感じるかもしれません。

確かに施術ではメスやハサミも使いません。脱毛機から照射される光やレーザーのみです。特にサロンでの光(IPL)はカメラのフラッシュにそっくり——。それほどの威力があるようには見えないため、どうしてもその効果を甘く考えてしまいがちです。

しかし、フラッシュやレーザーの力を軽んじてはいけません。一瞬の照射によって毛根部位を弱体化(あるいは完全に破壊)できるエネルギーを秘めているのです。

脱毛サロンで用いられているIPL、あるいは医療クリニックで使われているレーザーも脱毛効果を上げる原理は同じです。どちらも毛根部分の黒いメラニン色素に反応し、熱エネルギーに変化。
そのことで毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え、毛が生えてこないようにします。

毛根部分だけがダメージを受けるのならいいのですが、毛穴や周りにある肌組織にも熱が伝わって、どうしても損傷を受けます。

もちろん施術中にしろその後にしろ、冷却ジェルなどで肌のクールダウンに努めるためにそれほどのひどい症状にはなりませんが、日焼けに似たやけどが起こっていることは確かです。

そのようなやけどを悪化させないためにも、血行が促されるような行為(飲酒、入浴、激しい運動など)は「ひかえて下さい」といわれるわけです。

症状が悪化してしまうと赤み・かゆみばかりでなく、皮膚に痕が残る炎症が起こったりします。アドバイスを厳守し、無用な肌トラブルを避けるようにして下さい。

所沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*