脱毛の飲み薬について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

食事が与える影響

飲み薬が脱毛に与える影響は?

ムダ毛のない、すべすべした美肌は女性の永遠の憧れ——。
最近ではちょっとした脱毛ブームでサロンの数も増えたため、そんな美肌を手に入れようと何年も通いつめる人も多くなってきました。

脱毛によって、毛抜き、カミソリ、除毛クリーム、あるいはワックスを用いた自己処理が不必要になるので、肌のコンディションは目立ってよくなります。
化粧のノリも改善されるのでメリットが多いのですが、施術そのものは決して安直なものとはいえません。

例えばサロンに最初に行った時は必ず無料のカウンセリングを受けます。その時決まって聞かれるのが、

「普段から服用している薬は何かありますか?」
という質問です。

もし病院通いが欠かせないような持病があって、体に負担をかける薬を飲んでいたとすると、契約そのものを断られることもあります。

「なぜ普段飲んでいる薬のせいで、脱毛の契約ができないのだろう?」と不思議に感じる人がいるかも知れません。

その理由は、脱毛の方法と深く関わっています。

現在、サロンで最も普及している脱毛法は、光脱毛(フラッシュ脱毛)。特殊な光を照射することにより毛乳頭と皮脂腺開口部に熱エネルギーを加え、発毛機能にダメージを与えるというものです。

実はいくつかの薬には、光に皮膚が過敏になる「光線過敏症(光過敏症)」という副作用を引き起こすものがあります。

この症状になると、普段なら何でもない光の照射で、むくみ、かゆみ、水ぶくれなどが生じてしまいます。

この症状を引き起こすものには、非ステロイド性消炎鎮痛剤、向精神薬、抗生物質などがあり、これらの薬を服用していると、施術を受けることができません。

このように薬との関係でも施術が影響を及ぼすこともあるので、脱毛というのは決してマッサージのような手軽なものではないことが分かります。

所沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*