家庭用脱毛器を買う時に後悔しないためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昔、脱毛は手間と費用がかかることもあって、「お金持ちのぜいたく」と考えられていました。ところが最近は美容に対する意識が高まり、脱毛も「気楽に受けられるもの」というイメージに変わっています。

有名タレントを起用したサロンやクリニックのコマーシャルがテレビでも盛んに流され、その影響もあって高校生ですら施術に通っているようです。

また、施術に通う時間のない人などは、家庭用脱毛器を購入し、気になる部位のムダ毛の処理をおこなったりしています。

それを知って「自分もムダ毛で悩んでいるし、試しに脱毛器を買ってみようかな」という人もいるでしょう。ただ、全般的にまだまだ高価な器械ですし、その種類も驚くほど豊富です。
購入に失敗しないためにもその特徴や効果、メリットとデメリット、また自分に合うかどうかについて、しっかり理解する必要があります。

そこで、このサイトを立ち上げてみました。家庭用脱毛器の購入を考えている人のために、その選び方等に関して説明していこうと思います。

家庭用脱毛器はどんな美容器具なのか?

家庭用脱毛器
ムダ毛を処理するのに使われるツールには色々な種類がありますが、それらは大別すると2つに分けられます。つまり、肌表面に出た部分だけを処理するもの(電気カミソリ・カミソリ・クリームなど)と、毛根からムダ毛全体を引き抜くもの(ワックス・毛抜き・脱毛テープなど)です。

これらのうち、前者は「除毛」にあたり、「脱毛」とは呼べません。そして後者は肌に埋もれた部分を含めて毛を取り除くので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、発毛そのものを止めるわけではないので、すぐに毛は元通りになります。

これまでムダ毛の成長そのものを阻害するには、サロンやクリニックで施術を受けるしかありませんでした。

そんな時に発明されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛で悩んでいる人にとってこの上ない朗報でした。

何しろサロンやクリニックに通う場合、脱毛が終わるまでに最低で数ヶ月、長い場合は数年間はかかります。
その間に嫌になってやめる人も少なくないですし、その料金が10万円を越えることなど普通です。

それが家庭用脱毛器だと、もっとリーズナブルにプロレベルの脱毛ができるのですから、大人気商品になったのも当然でしょう。

ただ、1番安価なものでも2万円はしますから、いざ購入ということになると機種選びには慎重になってしまいます。

以下の情報や買い方のポイントをしっかり把握して、自分の予算と目的に沿った商品を選んで下さい。

買う際に留意すべき点とは?

留意すべき点
家庭用脱毛器は、方式・機種次第で効果のあるなしがハッキリと分かれる器具だと言われています。「値段がすごく安かったから」「デザインがカッコ良かったから」といった理由で衝動的に買ってしまうと、後で失望する場合が多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためにはどうしたらいいのか、そのポイントを述べてみます——

使い勝手の良さも大切

ネットで家庭用脱毛器に関する感想をチェックしてみると、

「『ムダ毛の手入れが効果的にできる』という評判なので購入してみました。でも持つところが私には重すぎて、ちょっと使っただけで手が疲れます」

「照射範囲が狭すぎます。打ち漏れが出るし、足の処理に時間がかかって大変」

「動作音が大きすぎて、夜中は近所迷惑になって使えません」

などの悪い口コミが結構目立ちました。このように「使用感に満足できない」という理由から、せっかく買ったけれどいつの間にか使用をやめてしまった、という人も少なくないようです。

こんな嫌な結果を避けるため、あらかじめ照射面積、連射機能、最大出力レベル等についてはサイトなどでしっかりチェックするようにしましょう。また近くに家電店があるなら、商品を色々触ってみて、重量がどれくらいなのか確認した方が無難です。

コストパフォーマンスは優秀か?

脱毛器購入の失敗例によくあるのは、本体を安く手に入れたものの、消耗品の購入費が思った以上にかかってしまう、というパターン。

家庭用脱毛器はリーズナブルな2万円台の機種から、10万円以上のハイスペックの製品まで色々そろっていますが、確実に消耗していくカートリッジのランニングコストを忘れてはいけません。

購入の前には、本体価格&カートリッジの維持費、そしてその交換頻度について、しっかりと確認しておきましょう。

脱毛効果をきちんと理解する

脱毛サロンと医療クリニックでは脱毛方式が違いますが、家庭用脱毛器でも各機種で異なる方式が使われています。現在メインなのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式といったところですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

手入れしたい部位、あるいはどれだけ効果をあげたいのかは使用する人によって違いますから、各方式の特徴を理解しておいた方がいいでしょう。

また、「1回の手入れで時間はどれほどかかるか」「顔やVIOなどの特殊な部位にも使えるか」といった細かいところも、なるべく調べておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つは、しっかり心に留めておきましょう。

脱毛器の使用に関するメリット、デメリット

メリット、デメリット

家庭用脱毛器のメリット

・サロンなどの予約時刻に束縛されず、ヒマのある時にひとりで脱毛ができる
・施術場所に出かける必要がないため、交通費などの経費が節約可能
・他人にあまり見せたくないパーツ(VIO、乳首周りなど)も時間をかけて脱毛できる
・自分の体質に合わせてパワーを変えられるため、照射時の痛みを軽くできる

家庭用脱毛器のデメリット

・家電としては値段が安いとは言えず、また高価な消耗品を買い続けないといけない
・海外製品にはパワーが強すぎるものがあり、日本人の肌に合わない
・サロンなどの施術と比べると、効果を実感するのに時間がかかる
・お尻、うなじ、背中といった体の裏側にあるパーツは処理がやりづらい
・使用によって肌のトラブル(炎症、火傷、切り傷など)が生じても、あくまでも自己責任になる

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能なのか?

永久脱毛は可能なのか?
脱毛のメカニズムに関しては、ほとんどの家庭用脱毛器はサロン・クリニックのマシンと変わりません。ただ、肌トラブルを起こさないように照射出力が抑えられているので、家庭用脱毛器で永久脱毛はできないようになっています。

なお、勘違いしている人が少なくないのですが、サロンの施術はあくまで「抑毛」です。発毛機能はただ単に弱体化するだけなので、数年経つと毛がまた伸びてきます。

もし永久脱毛をやりたいなら、レーザー脱毛が可能な医療クリニックに行きましょう。

脱毛方式の種類とその原理

家庭用脱毛器の脱毛方式には数種類あります。それらを紹介してみましょう——

フラッシュ式

この方式は脱毛サロンと同じもので、ほとんどの家庭用脱毛器で採用されています。IPLと呼ばれる特別なライトを肌に当てると、表皮の奥にある毛根の発毛器官が熱のせいで弱体化。日数をおきながら照射し続けていくと、その部位のムダ毛の本数が段々少なくなっていきます。

最大のメリットは光の照射口が広く、ワンショットの照射面積が大きいこと。
そのためムダ毛の処理がスピーディにできます。打ち漏れの可能性も少ないので、足・腕などの広い部位を手入れするにはピッタリです。

照射パワーもレーザー式ほど強くないため、火傷も起こりにくくなっています。もちろん痛みも軽微ですみます。

デメリットは脱毛完了までの日数が長いことですが、それでも最初の照射からおよそ1年でお肌がツルツルになります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、クリニックの器械と同じ方式です。肌に照射されたレーザー光がムダ毛のメラニン色素に反応。その結果、毛乳頭などが高熱に包まれて発毛が阻害されます。

レーザーは狭い範囲に集中するので、効果的な処理ができます。剛毛、あるいは指や顔の一部などを手入れしたい人に最適です。

完了までの期間も短く、2週間に1度照射すれば、3ヶ月ほどで効果が出ます。

ただ広い部位の場合、1回の照射にどうしても時間がかかりますし、打ち漏れも起こりやすくなります。

また、デメリットとして見逃せないのが、「痛み」です。ネットでも「思わず声が出た」「照射直前はビクビクする」といった口コミが目立ます。

特に脇、骨付近のスネ、デリケートゾーンはかなり痛いようなので、照射パワーを上げすぎないように注意が必要です。

また、ホクロ、シミにはレーザーが反応することがあるので、シールなどでカバーしておく方がいいでしょう。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピッカーというピンセット状の先端でムダ毛をはさみ、そこにごく弱い電流を流すことで手入れを行います。フラッシュ式やレーザー式のような特殊なライトを使わないので、額の生え際や眉毛など、目付近の部位の毛を処理できます。

また、日焼け肌のムダ毛や白髪は光による方式では手入れできないのですが、高周波なら処理可能です。

ただ、1本ずつの処理になるため、背中、足、腕といった広い部位には不向きです。できるだけ素早くムダ毛処理をおこないたいという人には、フラッシュ式の方が向いているでしょう。

以上解説してきた3方式は、すべて発毛機能に損傷を及ぼして毛の処理をおこないます。そして3つとはやり方が異なるのですが、やはり「脱毛器」と名前のついている「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても一応触れておきます。

サーミコン式脱毛器ですが、ヘッド内蔵の熱線でムダ毛を焼き切ります。あくまで表面に伸びている部分を処理するだけで、毛根には何もしません。つまり本当は「除毛」に当たります。

ただ、これで手入れすると毛先が丸くなるので、カミソリ処理によるチクチクがイヤな人には役立つでしょう。

最後に「ローラー式」です。これはローラーヘッドを肌に転がすことで処理をおこないます。

方法自体は毛抜と同じですが、素早く広範囲を手入れできるのがメリットです。もちろん毛穴や肌には負担をかけるので、推薦はできかねます。

主要な家庭用脱毛器の値段は?

家庭用脱毛器の値段は?
家庭用脱毛器を買う際に最も気にかかるのが、その値段でしょう。

公式サイトのデータをもとに、主な家庭用脱毛器の価格をまとめてみました——

ノーノーヘア…¥12,800

エピレタ…¥17,800

センスエピX…¥29,800

ラヴィ…¥39,800

トリア…¥54,800

ローワン…¥54,800

フィリップス…¥66,880

2PSクリスタル…¥69,800

ケノン…¥69,800

ダブルエピ…¥81,000

レイボーテグランデ…¥108,000

以上、最も安い機種は12,800円、そして最も高い機種は108,000円となっています。

すでに述べたように、購入時はカートリッジの値段を考慮することが大切です。本体価格とカートリッジの総計がいくらなのか、自分でチェックしておきましょう。その数字を比較することで、本当の価格の差が分かります。

たとえば上の機種のうち、特に人気のある4つについて、その照射コストを比べてみると——

・ケノン
1回の照射コスト…約0.15円
照射面積…9.25平方cm

・ラヴィ(オールインワンセット)
1回の照射コスト…約0.2円
照射面積…7.4平方cm

・トリア
1回の照射コスト…約0.06円
照射面積…1平方cm

・センスエピX
1回の照射コスト…約0.09円
照射面積…2.7平方cm

となります。

この結果から「1回の照射コストの違いなんて、ほとんどない」と考える人がいるかもしれません。しかし脱毛は1回では終わらず、2週間ごとに照射を継続する必要があります。
つまり、ワンショットのわずかな差でも、何回も繰り返すことで予想以上の大きな違いとなります。

また、「照射範囲」も忘れてはいけません。1回の照射範囲が広いとショット数はそれだけ減少しますから、カートリッジの費用も節約できます。

トリアなどレーザー式ですから、照射範囲は狭くなります。そのためフラッシュ式のラヴィやケノンと比べると、照射面積は半分を下回っています。

広い部位を手入れしたい人など、各機種の1回の照射コストと面積がどれほどなのか、よく把握しておきましょう。その上で、なるべくリーズナブルな商品を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の長所・短所、選び方のコツなどについて細かく解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で書いたように、家庭用脱毛器はその機種・脱毛方式によって用途や効果が異なります。
また本体の値段以外に、消耗品となるカートリッジのコストをしっかり知っておくことも大切です。

ぜひ自分にふさわしい機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*