医療脱毛クリニックを賢く選ぶには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「悪質な勧誘がある」
「施術に針を使うので、とんでもなく痛い」——

昔、脱毛については上記のようなイメージがつきまとっていました。しかし、行政による規制強化、そして新しい技術の開発もあって、事情は変わりました。

さらに料金に関しても大幅な値下げがおこなわれたこともあり、客層は女性だけでなく、男性にも広がっています。有名人が登場するTVコマーシャルや電車内の中吊り広告を見て、「一度脱毛にトライしたい」と思う人もいるでしょう。

脱毛するとなったら、出かけるところは2つしかありません。脱毛サロンか医療クリニックです。
カウンセリングを経て契約書を作成し、希望部位のムダ毛がキレイになくなるまで最低でも数ヶ月、通いつめることになります。

サロンの方が料金がリーズナブルなので、以前はそちらを選ぶ人が多かったのですが、最近は医療クリニックのメリットも理解されるようになり、どちらにするか困ってしまう人もいるようです。

そこで、このサイトを作ってみました。脱毛にチャレンジしたい人向けに、医療クリニックの利点・難点、施術に用いられる技術、そしてクリニックを選ぶ時のコツなどについて、詳細に解説していきたいと思います。

医療クリニックの脱毛とはどんなものか?

医療クリニックの脱毛
現在日本でプロの手による脱毛を行っているのは、サロンと医療クリニックしかありません。
どちらかを選ぶということになりますが、もしクリニックに行きたいなら、その特徴を知っておいた方がいいでしょう。

1)脱毛にレーザー光線を用いる

光を発射するマシンで施術をおこなうところはサロンもクリニックも同じ。しかし、クリニックの場合、その光がレーザー光線である点が大きな特徴です。

レーザーによる脱毛の可能性に気づいたのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ.A.パリッシュ。1983年、彼らが科学雑誌「サイエンス」に載せた論文「選択的光熱凝固理論」は、古代オリエント以来と言われる脱毛の歴史に革命を起こしました。

それまで脱毛の施術は、使い捨ての細い電極(プローブ)を用いる「ニードル脱毛」(別名「美容電気脱毛」)が主流でした。これは1875年、逆さまつ毛の除去用にチャールズ・E・ミッチェルという眼科医が考案したもので、毛包に電極を挿入し、熱によって発毛組織を凝固化します。

この方法ならいわゆる永久脱毛が可能となりますが、なにしろ毛穴のひとつひとつに手作業でプローブを入れていくために時間がかかり、それだけ料金も高くなってしまいます。
しかも電極に電気を流す時にかなりの痛みが伴うため、顧客側も相当なストレスを強いられます。

この状況をガラリと変えたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛は文字通り、レーザー光線の威力によって発毛機能を阻害する脱毛方法。レーザー光線というのは単色光、つまりひとつの波長を持った光子の集合体で、一般の光のように拡散せず、同じ方向に一直線に進みます。

重要な特徴は、光が波長に応じて一定の色だけに反応する、という点。レーザー光線は吸収されると高熱を発するため、色のついた組織や細胞に大きな損傷を与えることができます。

脱毛に利用する際は、毛に3%ほど含有されているメラニン色素に反応するよう、結晶や気体のレーザー媒質によって波長を700nmから1000nmに整えます。
これでムダ毛に当てられたレーザー光線は黒いメラニン色素に作用して熱エネルギーに変化。その熱は65度〜70度まで上昇します。

この高熱が発毛を促す組織(毛乳頭や毛母細胞)を破壊し、毛が伸びなくなるのです。

この脱毛方法の優れた点は、あくまで破壊のターゲットはメラニン色素だけであり、表皮などには直接の被害を及ぼさない、というところです。 施術自体もレーザー光線を肌に照射するだけなので、たいへん効率的。ニードル脱毛のような長い施術時間は必要ありません。

開発当時、照射可能な光線はルビーを媒質に使ったものだけでしたが、今はアレキサンドライト、ダイオード、YAGなど、様々な媒質を用いたレーザーがあり、ターゲットや毛の太さに応じて選ぶことができます。

2)永久脱毛が可能

脱毛に関してはその詳細がまだまだ一般に知られておらず、「施術を1回受けると、その部位のムダ毛は一生伸びてこない」と思い込んでいる人がいます。

しかし、毛球部分はたいへん頑丈な組織で、少々傷つけられてもすぐにその機能は復活します。1度施術したくらいではダメージもさほどではなく、さらに毛には毛周期という発毛サイクルがあるため、それに合わせて処理を続ける必要があります。そうやって2ヶ月に1度、根気よく施術するうちに毛が薄くなり、その部位がツルツルとなります。

サロンでも毛根にアプローチする光線を用いますが、クリニックと違ってそのパワーが限定されているために、毛母細胞は一時的に弱体化するだけです。数年も経過すると発毛機能はよみがえり、ムダ毛がまた生えてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは威力抜群のレーザー光線を使用するため、毛根が完全に破壊される可能性が高くなっています。
つまり、いわゆる「永久脱毛」が可能なわけです。

3)必ず医師がマシンの操作をおこなう

上記の通り、サロンの脱毛方法は毛根にアプローチするものではありますが、レーザー脱毛とは違います。サロンの器械で放射される光とレーザー光線を比較すると、出力の点で銃弾と砲弾くらいの相違があります。危険性が低いので、サロンの施術スタッフには資格は必要ありません。

ところがレーザー脱毛となると、光線そのものがとんでもない破壊力を秘めているので、操作ミスが生じると深刻な火傷につながりかねません。そのためマシンを操作するのは、万一の事態に対応できる医師に限られています。
もちろん、応急処置ができる器具や設備もそろっているので、その点でも安心です。

医療脱毛の長所と短所

長所と短所

長所

・医師が施術してくれるので、トラブルが起こってもすぐに対処できる
・サロンより脱毛効果がはるかに高く、剛毛の人でも肌を無毛状態にできる
・脱毛完了までの期間が短めで、通う回数も少なくてすむ

短所

・キャンペーンが多くてリーズナブルなサロンと比べると、施術料が相当高い
・人によっては照射時の痛みがかなり強いため、施術そのものが嫌になる
・レーザー光によって炎症や毛膿炎が起こる場合がある

医療クリニックと脱毛サロン その違いとは?

違いについて
上の項目でも少しだけクリニックと脱毛サロンの差に触れましたが、ここで相違点をまとめておきます——

費用

昔から脱毛サロンは大きな広告を女性雑誌に載せていますが、そこには目を引くように「お得なキャンペーン」「○日まで限定」などと書かれています。これでお分かりのように、サロンのセールスポイントとなっているのはその施術料の安さです。

一方医療脱毛クリニックについては、医療機関ということもあって料金が値下げされることは滅多にありません。

ここで、一体サロンと医療クリニックでは脱毛完了まで費用がいくらかかるのか、一覧として記してみましょう。

まず脱毛サロンから。全国にチェーン店がある大手サロン20社の公式サイトから、部位別の平均料金を算出してみたところ——

・ワキ…16,833円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

という結果になりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットの検索で上位に出てくる20院の平均施術料を計算しました——

・ワキ…14,825円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

これで分かる通り、やはり医療クリニックは脱毛サロンより費用が高くなります。特にその差が極端なのが顔脱毛で、クリニックの料金は脱毛サロンの3倍以上です。

効果

すでに書いたように、医療クリニックとサロンでは施術方法が違うため、効果についても相当な差が出ます。

現在サロンで用いられている脱毛方法は、主にIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンでもかなりのシェアを占める脱毛方法で、光脱毛、フラッシュ脱毛と呼んでいる店もあります。1度の照射で広い範囲を処理できるため、腕、足、背中などの部位も素早く施術できます。照射出力も抑え気味なので、痛みもひどくありません。

他の方法も特徴がありますが、気をつけたいのはサロンの施術は「抑毛」「減毛」だということ。肌が無毛になったとしても、数年しかもちません。

一方、医療クリニックで使うレーザー光線はサロンとは段違いのパワーを秘めていて、再び毛が生える可能性が低くなります。

保証

クリニックと脱毛サロンの違いは色々とありますが、保証についてはそれほど差はない、と言えます。

満足ゆくまで施術を継続できる「永久保証」、一定期間まで有効期限を延長できる「期間保証」、中途解約時に払い戻しをおこなってくれる「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方にあります。

ただ、各クリニックによって条件そのほかは色々違いますから、トラブルにならないよう、あらかじめ公式サイトでチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの違いについて、意外に指摘されないのが支店(支院)の数です。

「それって何が大切なの?」と思われるかもしれませんが、脱毛の施術は発毛サイクルにしたがっておこなわれるため、完了までにどうしても長い期間が必要です。つまり最短でも数ヶ月、さらに大掛かりな全身脱毛のプランになると、数年間はサロンやクリニックに通わなければなりません。

そうなるとその期間に生活環境が大きく変わってしまう人も出てきます。
転勤・引っ越しがそうですが、新しい家の近所に契約していたクリニックの支院がないため、せっかく前払いした施術料がムダになることがあります。

部分脱毛なら数万円くらいかもしれませんが、部位を組み合わせたコースになると、前払いの金額が軽く20万円を越えてしまいます。引っ越しでそんな大金がムダになるのは腹立たしいことです。

有名サロンなら全国各地に店舗を設けていて、転居先でも契約を活かせる可能性が高くなります。ところがクリニックだとそれほど大きな規模のところは少なく、引越し先に支院がないケースも多いようです。

引っ越しの可能性があって損を避けたいなら、クリニックよりもチェーン展開をしている有名サロンの方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニック選びでの注意点は?

注意点について

施術料はいくらくらい?

医療クリニックで脱毛しよう、と決めた時、まずチェックしたくなるのはその料金でしょう。

上で記したように、サロンより医療クリニックは割高ですが、たとえばテレビコマーシャルで有名な「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛がかなりリーズナブルになっています。特に両脇のプランは、6回も施術できて料金は1,000円です。

このように格安で一部のパーツを施術してくれるところは他にもあるので、ぜひサイトなどで確認してみて下さい。

痛みへの対処は?

レーザー脱毛の大きな難点が照射時の痛みです。最近ではそれを軽くしようと、新機軸の機器を採用しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では「ジェントルレーズプロ」という器械を使っています。
これは施術箇所を冷やすことでレーザーの痛みを軽減。しかも麻酔代もかかりません。痛みを避けたい、という人には最適でしょう。

支院の数は?

全国に支院がどれだけあるか、というのも見逃せない点です。

それだけ繁盛している、ということで信頼性が高まりますし、予約も取りやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」は全国各地に支院があり、転居しても契約をそのまま活かせる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックについて、その脱毛方法、選び方のコツなどを細かく説明してみました。いかがだったでしょうか。

「施術料が高い」「レーザーの痛みが強い」などの理由からクリニックを避ける人も少なくないと思います。
しかし確かな脱毛効果を望むなら、サロンよりクリニックのレーザー脱毛の方がおすすめです。

どうかこのページを参考に、結果に満足できる医療クリニックを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*