脱毛方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛方法を考える

サロンやクリニックで用いられている脱毛方法とは?

サロンや医療クリニックで脱毛してもらう人が増えるにつれ、その方法や機器も次々と新しくなっています。

その方法をいくつか紹介してみましょう。

まず、昔主流となっていた美容電気脱毛(ニードル脱毛)。

これはプローブと呼ばれる特殊な針を毛穴に突き刺した上で、毛乳頭や毛母細胞に電気による損傷を与えるというものです。

脱毛効果については他の方法よりもはるかに高いといわれていますが、なにしろ毛穴に針を刺すのですから痛みが激しく、しかも1本1本の毛に対して手作業で処理をしていくために時間がかかります。

次に光(フラッシュ)脱毛。

こちらは脱毛サロンで広く行なわれている脱毛方法。黒いメラニン色素に反応するIPL(インテンス・パルス・ライト)という光を肌に照射。
毛根部分に高熱によるダメージを与えて組織を弱体化するという仕組みです。

光(フラッシュ)脱毛にも色々な種類があり、光と抑毛ジェルを一緒に使う「S.S.C.脱毛」、毛乳頭ではなくバルジという部位にある発毛因子をターゲットにする「ハイパースキン脱毛」「SHR脱毛」などが採用されています。

そして最後にレーザー脱毛。

こちらは文字通りレーザー光を用いるもので、原理そのものは光(フラッシュ)脱毛と変わりません。
レーザー光をメラニン色素に反応させ、毛乳頭や毛母細胞を破壊します。

光(フラッシュ)脱毛との大きな違いは、こちらがあくまで医療行為だという点。したがって医師資格を持っている人がいないと施術は不可能です。

また光(フラッシュ)脱毛はあくまで「抑毛」「減毛」する効果しかありませんが、レーザーを使うと毛根を完璧に破壊することができます。
永久脱毛を望んでいるなら、このレーザー脱毛を選んで下さい。

所沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*