日焼けしていると脱毛できない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日焼けしている

日焼けしていると脱毛できない?

最近はテレビでも脱毛サロンのコマーシャルを見ることが多くなりました。
ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美など、その時の旬のタレントを使っているために注目度も高く、それを見て「自分も脱毛してみたい」という気持ちになった人も少なくないでしょう。

ただ気をつけたいのは、決して脱毛の施術というのはマッサージを受けるような安直なものではない、という事実です。

マッサージを受けたいと思ったら、お店に行っても断られることはまずないでしょう。ところが脱毛の場合、気負いこんでサロンに出かけても「あなたには施術できません」と冷たく拒絶されることがあります。

拒絶には色々な理由が考えられるのですが、実は「日焼けしているから」という、意外なものも含まれています。

なぜ日焼けしていると施術が受けられないのでしょうか?

それは、サロンや医療クリニックで現在主流となっている脱毛法と関係があります。

サロンでは光脱毛機、クリニックではレーザー脱毛機と、使われている機器は違いますが、その脱毛の原理は実は同じ。毛根のメラニン色素に反応して照射された光が熱エネルギーに変わり、その組織を弱体化したり破壊したりします。

光がメラニン色素に反応するのは、あくまでその色に対してです。ですからもし肌表面にメラニン色素に似た色があると、そこまで熱に包まれ、やけどを負うことになります。

なぜ日焼けをすると施術が受けられなくなるのかこれでお分かりでしょう。日焼けによって肌が黒に近い色になると、そこにまでIPLやレーザーが反応してしまうため、照射ができないからです。

同様にタトゥーを彫っている場合も施術は不可能です。

もし脱毛したいと思っているなら、店に行ってガッカリしないためにも、これらのことを知っておいて下さい。

所沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*