脱毛コラム

メンズ脱毛サロンを上手に選ぶには?

人間は自分の魅力を高めようと、外見に気を使います。「人間は外見じゃなく中身だ」と反論したい人もいるでしょうが、やはり容貌の良し悪しで人の態度が変わってしまうのも事実。
特に美しい肌は他人の印象を良くしますから、その手入れに熱心になるのは当然のことです。

ところで、肌のケアに邪魔になるのが、ムダ毛の存在です。いくら化粧品を使っても、ムダ毛があると肌の魅力が半減してしまいます。そうならないように毛抜きやカミソリなどで処理に努めている人も多いでしょう。

しかし毛の自己処理というのは時間がかかる上、カミソリや毛抜きをずっと使っていると、その刺激で埋もれ毛や色素沈着が生じることもあります。

その悩みを解消してくれるのが、脱毛サロンや医療クリニック。昔は高額だった施術料も脱毛技術の改良によって安くなり、いまではすっかり庶民的なものになっています。

客層も徐々に若返り、女子高生が通うのも珍しくありません。
さらに「モテるために毛がボーボーの肌をキレイにしたい」という男性が増え、男性専門のサロンも次々とオープンしています。

ただ脱毛に挑戦してみたいと思っていても、男性にとってはサロンは勝手が分からないものです。

そこでこのページを作ってみました。メンズ脱毛サロンに着目し、よく用いられている脱毛技術、店舗の選び方の留意点などについて紹介していきます。脱毛にトライしたい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とはどんなもの?

光脱毛について
「脱毛」について聞かれると、「針みたいな器具を毛穴に入れて、電気を流す」という施術シーンを思い浮かべる人がいるようです。

実はこういう想像は、間違いというわけではありません。昔の脱毛士は針状の電極を毛穴に挿入するという方法で、ムダ毛の手入れをおこなっていたのです。

ここで少しだけ、脱毛の歴史を説明してみます。

紀元前から脱毛薬はあった

初期の文明時代から人類は美容への関心を抱き、ムダ毛を処理するようになりました。古代の文献によると、紀元前3000年から4000年頃の地中海沿岸や現在の中東辺りでは、硫黄や石灰を混ぜ合わせた脱毛剤を使っていたようです。

そして紀元前1500年ごろのエジプトでは、蓮の葉、カバの脂肪、油などを原料にした脱毛剤が使用され、美女の代表とされるクレオパトラも脱毛薬で毛の手入れをおこなっていました。

以後近代まで、脱毛は化粧同様、女性のたしなみであり続けましたが、その方法に関しては、毛抜やカミソリのような簡素なツールか、植物由来の薬剤を使うだけで、古代と比べてさほど進歩があるわけではありませんでした。

電極を使った脱毛が始まる

しかし、19世紀末に電気の秘められた力に注目が集まると、ようやく脱毛にも新しい方法がもたらされます。その始まりとなったのが、米国の医師チャールズ・ミッチェルが考えた「電気分解脱毛法」でした。

セントルイスの眼科医だったミッチェルは、1869年、逆さまつ毛の除去のために電極(プローブ)を用い、毛根に含まれる水酸化ナトリウムを凝固することに成功します。これによって、逆さまつ毛の産出は阻害されました。

ミッチェルがこの脱毛法の論文を1875年に発表すると、やはり電極で脱毛をおこなう医師が出てきて、「電気分解脱毛法」は新機軸の脱毛方法として普及していきます。しかし、この方法はひとつひとつの毛穴に細いプローブを挿入していくため、たいへん時間と手間が必要でした。

それでも、成功すれば一生無毛状態が保てるためにこの方法は人気となり、改良型のマシンが日本にも輸入されました。
そして「ニードル脱毛」や「美容電気脱毛」と呼ばれ、脱毛の施術で盛んに使われるようになったのです。

特殊な光線を用いた方法が登場

やがて、色々な点でこのニードル脱毛よりも優れた方法が出現します。それが光線を使った脱毛方法です。

この方法は、毛根への物理的な接触なしにムダ毛を処理する、という点が画期的でした。波長を調節された特殊な光線は、ひとつの色だけに反応する特徴を備えています。脱毛の施術においては、その光線をムダ毛に含まれるメラニン色素に吸収させます。すると光は熱エネルギーへと変わり、毛根に大きなダメージを与えるのです。

この光線を用いた脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類に大別されます。

そして多くの脱毛サロンで使われているのが、光脱毛です。

光脱毛の種類

ここでさらに光脱毛の種類について、説明してみます。

光脱毛には色々なライトが使われますが、それらのほとんどは毛の成分であるメラニン色素に吸収されます(この際、周辺の細胞は素通りしてしまいます)。

光線はメラニンへの吸収により熱エネルギーに変化。その熱が毛根の発毛器官にダメージを与え、毛が成長しなくなるわけです。毛の本数は徐々に少なくなり、施術を根気よく続けることで部位全部が完全な無毛状態に変わります。

現在、光脱毛には以下のような方式があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

それぞれの特徴をざっと述べていきましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで最もよく採用されている脱毛方法です(サロンによっては「フラッシュ脱毛」とも呼ばれています)。ライトは毛を産生する毛乳頭とその周りの細胞にダメージを及ぼし、2、3ヶ月に1度のペースで施術すると、効果が段々とあらわれてきます。

デメリットは施術時に少々痛みがあること。ただ指でちょっと叩かれるような感じで、別にひどい痛みではありません。

続いてSSC方式。この方式の特色は射出されるライトにあります。IPL方式の場合はキセノンランプを用い、IPL(インテンスパルスライト)という光を照射します。一方、SSC方式では、クリプトンライトという光線を使います。

インテンスパルスライトだと、光線だけで施術することができますが、クリプトンライトは単独では普通の光と同じです。

では、どうやって毛根に損傷を与えるのかというと、まず皮膚に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを照射すると毛根が弱体化し、毛の成長が止まるのです。

SSC方式の最大のメリットは、ライトの照射パワーが低くても大丈夫、というところ。ジェルとの併用で脱毛するので、高熱の光線でなくても問題ありません。したがってIPL方式に比べるとさらに痛みが軽微です。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。この2つは新発想による脱毛方法です。両方ともバルジ領域という毛根の一部をターゲットにするところが、それまでの方法と異なっています。

特にハイパースキン法は、光線の温度がとりわけ低いため、施術時の痛みがありません。ですから、痛みに敏感な人でも脱毛できます。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛の違いについて
上で述べた通り、大部分のサロンでは光脱毛による施術がおこなわれています。

それに対し、医療クリニックで使われているのは「レーザー脱毛」という方法です。これらはどんな点が異なるのでしょうか?

レーザー脱毛は、レーザー光線を用いた脱毛方法です。もともとレーザーは、ひとつの色に吸収される特性を備えています。つまり、ターゲットとするモノに色がついているなら、波長調整によってピンポイント的に損傷を与えられます。

そこは光脱毛とほぼ同じですが、レーザー脱毛の場合、その破壊パワーが段違いに強烈、という点が違っています。

長い波長を備えたレーザー光は、途中で拡散することなく毛根部分に到達します。
そのため発毛器官は死滅することが多く、部位は一生無毛状態になる確率が高くなります。

それだけの破壊力をもつため、器械は医師でないと操作できません。

ただレーザーは痛みが強い点がデメリット。敏感肌の人はトラブルが生じる可能性もあります。

光脱毛の長所・短所

長所

光脱毛の最大のメリットは、施術コストが安くですむことです。

もちろんプランや部位によるのですが、1回の料金が医療クリニックの半額に満たないケースもあります。

また、サロンのマシンを操作するには特別な資格はいりません。すでに説明したようにレーザー脱毛の場合は医師だけが施術できますが、サロンならスタッフの誰でも施術可能です。つまり、より多くの客を受け付けられるので、医療クリニックのように「契約したのに、予約が入れられない」という厄介な状況が避けられます。

2番目のメリットは、肌への負担がわずかで、照射時の痛みが軽微なこと。そのため、肌の敏感な人、痛みに弱い人にはピッタリです。

レーザー脱毛は光のパワーが強烈なため、痛みが避けられません。
そのため、部位によっては軽い麻酔を使うケースもありますが、光脱毛ではそんな心配は無用です。

麻酔を使うと追加料金が発生することが多いので、その点でも費用が節約できます。

そして最後のメリットですが、光脱毛には多くのプランとコースがあるため、自分の希望通りの脱毛ができます。

細かく部位を指定することも可能ですし、店舗によっては顔などのエステコースをオプションとして追加できるところもあります。

短所

光脱毛は「脱毛」とはいうものの、本当は「抑毛」「減毛」という方がよく、施術しても「部位は一生ツルツル」というわけにはいきません。

ただ毛がよみがえるにしても、本数が減少したり細くなったり、成長の速度が抑えられたりするので、施術そのものがムダにはなるわけではありません。

また光脱毛は、レーザー脱毛よりも施術にかかる期間が長くなります。

光脱毛は1度の照射程度では、あまり効果が実感できません。何ヶ月も施術し続けた結果、ようやく効果があがってきます。通常、レーザー脱毛の数倍の期間が必要です。

脱毛完了まで時間がかかりすぎると、レーザー脱毛より費用が高くなることもあるので注意しないといけません。

そしてもうひとつのデメリットに、産毛や薄い色の毛の施術が苦手、という点が挙げられます。

これらの毛は黒いメラニンの含有量がわずかなので、IPLなどの光線が反応しにくくなっています。そのため、施術を何回やっても効果が出にくいこともあります。

どこに留意してサロンを選べばいいのか?

料金のシステムに注意する

サロンは非常に店舗が多く、料金システムも多種多様です。ただ大まかにいうと、「月額制」と「ローン」の2つに分けられます。

出費を減らしたい人は「月額、定額制」を選びがちですが、施術日数が長びくとかえって料金が高くなる場合もあります。

さらに「月額制、回数無制限」というシステムを取っている店もありますが、そのお得さは回数で変わってきますし、「1回あたりの時間」も注意すべきポイントです。

たとえば施術頻度が1週間に1回で、1回10分だと仮定すると、1ヶ月あたりの施術時間は40分です。
40分でどれだけ施術できるかによって、その料金がお値打ちかどうか、判断がつきます。

また、顧客の多いサロンは予約が入れにくいので、こちらの思い通りに施術できないことが多いようです。

通い始めてからガッカリしないためにも、契約前に詳細な情報を知っておきましょう。

同じ部位でも男女によって費用の差がある

「〇〇(部位の名前)を脱毛してもらうと、いくらかかりますか?」とサロンで質問すると、「通常は〇円です」とスタッフが答えてくれると思います。ただ女性客が多い店だと、その返答にも注意が必要です。

というのも男性は女性と毛の量と質が違うため、通常よりも料金が高くなる場合が多いのです。

しっかり毛をチェックし、正確な見積もりを算出してくれる店もあるかもしれませんが、女性よりコストが高くなりがち、ということを理解しておきましょう。

「追加料金」は必要?

通常のコストのほかに、追加料金が必要なケースがあるか、あらかじめチェックしておくべきです。

例えば店によっては、オリジナルのケア商品を家庭でも使うように勧められることがあります。
その代金は最初からコース代金に含まれるのか、知っておくことが大切です。

延長料金をあらかじめ確認

契約分の施術は終わったものの、結果に不満足な場合は、追加で施術してもらえます。

その際、追加施術のコストが普通のプラン料金よりはるかに高い場合があります。
知らずに申し込むと後悔することもあるので、事前に確認した方がいいでしょう。

以上、脱毛を考えている男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を色々と紹介してみました。

現在、脱毛はちょっとしたブーム。サロンも次々にオープンし、顧客を獲得しようと一生懸命です。月替りでキャンペーンをおこなっているので、小まめに公式サイトをチェックするようにしましょう。

医療脱毛クリニックを賢く選ぶには?

「悪質な勧誘がある」
「施術に針を使うので、とんでもなく痛い」——

昔、脱毛については上記のようなイメージがつきまとっていました。しかし、行政による規制強化、そして新しい技術の開発もあって、事情は変わりました。

さらに料金に関しても大幅な値下げがおこなわれたこともあり、客層は女性だけでなく、男性にも広がっています。有名人が登場するTVコマーシャルや電車内の中吊り広告を見て、「一度脱毛にトライしたい」と思う人もいるでしょう。

脱毛するとなったら、出かけるところは2つしかありません。脱毛サロンか医療クリニックです。
カウンセリングを経て契約書を作成し、希望部位のムダ毛がキレイになくなるまで最低でも数ヶ月、通いつめることになります。

サロンの方が料金がリーズナブルなので、以前はそちらを選ぶ人が多かったのですが、最近は医療クリニックのメリットも理解されるようになり、どちらにするか困ってしまう人もいるようです。

そこで、このサイトを作ってみました。脱毛にチャレンジしたい人向けに、医療クリニックの利点・難点、施術に用いられる技術、そしてクリニックを選ぶ時のコツなどについて、詳細に解説していきたいと思います。

医療クリニックの脱毛とはどんなものか?

医療クリニックの脱毛
現在日本でプロの手による脱毛を行っているのは、サロンと医療クリニックしかありません。
どちらかを選ぶということになりますが、もしクリニックに行きたいなら、その特徴を知っておいた方がいいでしょう。

1)脱毛にレーザー光線を用いる

光を発射するマシンで施術をおこなうところはサロンもクリニックも同じ。しかし、クリニックの場合、その光がレーザー光線である点が大きな特徴です。

レーザーによる脱毛の可能性に気づいたのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ.A.パリッシュ。1983年、彼らが科学雑誌「サイエンス」に載せた論文「選択的光熱凝固理論」は、古代オリエント以来と言われる脱毛の歴史に革命を起こしました。

それまで脱毛の施術は、使い捨ての細い電極(プローブ)を用いる「ニードル脱毛」(別名「美容電気脱毛」)が主流でした。これは1875年、逆さまつ毛の除去用にチャールズ・E・ミッチェルという眼科医が考案したもので、毛包に電極を挿入し、熱によって発毛組織を凝固化します。

この方法ならいわゆる永久脱毛が可能となりますが、なにしろ毛穴のひとつひとつに手作業でプローブを入れていくために時間がかかり、それだけ料金も高くなってしまいます。
しかも電極に電気を流す時にかなりの痛みが伴うため、顧客側も相当なストレスを強いられます。

この状況をガラリと変えたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛は文字通り、レーザー光線の威力によって発毛機能を阻害する脱毛方法。レーザー光線というのは単色光、つまりひとつの波長を持った光子の集合体で、一般の光のように拡散せず、同じ方向に一直線に進みます。

重要な特徴は、光が波長に応じて一定の色だけに反応する、という点。レーザー光線は吸収されると高熱を発するため、色のついた組織や細胞に大きな損傷を与えることができます。

脱毛に利用する際は、毛に3%ほど含有されているメラニン色素に反応するよう、結晶や気体のレーザー媒質によって波長を700nmから1000nmに整えます。
これでムダ毛に当てられたレーザー光線は黒いメラニン色素に作用して熱エネルギーに変化。その熱は65度〜70度まで上昇します。

この高熱が発毛を促す組織(毛乳頭や毛母細胞)を破壊し、毛が伸びなくなるのです。

この脱毛方法の優れた点は、あくまで破壊のターゲットはメラニン色素だけであり、表皮などには直接の被害を及ぼさない、というところです。 施術自体もレーザー光線を肌に照射するだけなので、たいへん効率的。ニードル脱毛のような長い施術時間は必要ありません。

開発当時、照射可能な光線はルビーを媒質に使ったものだけでしたが、今はアレキサンドライト、ダイオード、YAGなど、様々な媒質を用いたレーザーがあり、ターゲットや毛の太さに応じて選ぶことができます。

2)永久脱毛が可能

脱毛に関してはその詳細がまだまだ一般に知られておらず、「施術を1回受けると、その部位のムダ毛は一生伸びてこない」と思い込んでいる人がいます。

しかし、毛球部分はたいへん頑丈な組織で、少々傷つけられてもすぐにその機能は復活します。1度施術したくらいではダメージもさほどではなく、さらに毛には毛周期という発毛サイクルがあるため、それに合わせて処理を続ける必要があります。そうやって2ヶ月に1度、根気よく施術するうちに毛が薄くなり、その部位がツルツルとなります。

サロンでも毛根にアプローチする光線を用いますが、クリニックと違ってそのパワーが限定されているために、毛母細胞は一時的に弱体化するだけです。数年も経過すると発毛機能はよみがえり、ムダ毛がまた生えてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは威力抜群のレーザー光線を使用するため、毛根が完全に破壊される可能性が高くなっています。
つまり、いわゆる「永久脱毛」が可能なわけです。

3)必ず医師がマシンの操作をおこなう

上記の通り、サロンの脱毛方法は毛根にアプローチするものではありますが、レーザー脱毛とは違います。サロンの器械で放射される光とレーザー光線を比較すると、出力の点で銃弾と砲弾くらいの相違があります。危険性が低いので、サロンの施術スタッフには資格は必要ありません。

ところがレーザー脱毛となると、光線そのものがとんでもない破壊力を秘めているので、操作ミスが生じると深刻な火傷につながりかねません。そのためマシンを操作するのは、万一の事態に対応できる医師に限られています。
もちろん、応急処置ができる器具や設備もそろっているので、その点でも安心です。

医療脱毛の長所と短所

長所と短所

長所

・医師が施術してくれるので、トラブルが起こってもすぐに対処できる
・サロンより脱毛効果がはるかに高く、剛毛の人でも肌を無毛状態にできる
・脱毛完了までの期間が短めで、通う回数も少なくてすむ

短所

・キャンペーンが多くてリーズナブルなサロンと比べると、施術料が相当高い
・人によっては照射時の痛みがかなり強いため、施術そのものが嫌になる
・レーザー光によって炎症や毛膿炎が起こる場合がある

医療クリニックと脱毛サロン その違いとは?

違いについて
上の項目でも少しだけクリニックと脱毛サロンの差に触れましたが、ここで相違点をまとめておきます——

費用

昔から脱毛サロンは大きな広告を女性雑誌に載せていますが、そこには目を引くように「お得なキャンペーン」「○日まで限定」などと書かれています。これでお分かりのように、サロンのセールスポイントとなっているのはその施術料の安さです。

一方医療脱毛クリニックについては、医療機関ということもあって料金が値下げされることは滅多にありません。

ここで、一体サロンと医療クリニックでは脱毛完了まで費用がいくらかかるのか、一覧として記してみましょう。

まず脱毛サロンから。全国にチェーン店がある大手サロン20社の公式サイトから、部位別の平均料金を算出してみたところ——

・ワキ…16,833円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

という結果になりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットの検索で上位に出てくる20院の平均施術料を計算しました——

・ワキ…14,825円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

これで分かる通り、やはり医療クリニックは脱毛サロンより費用が高くなります。特にその差が極端なのが顔脱毛で、クリニックの料金は脱毛サロンの3倍以上です。

効果

すでに書いたように、医療クリニックとサロンでは施術方法が違うため、効果についても相当な差が出ます。

現在サロンで用いられている脱毛方法は、主にIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンでもかなりのシェアを占める脱毛方法で、光脱毛、フラッシュ脱毛と呼んでいる店もあります。1度の照射で広い範囲を処理できるため、腕、足、背中などの部位も素早く施術できます。照射出力も抑え気味なので、痛みもひどくありません。

他の方法も特徴がありますが、気をつけたいのはサロンの施術は「抑毛」「減毛」だということ。肌が無毛になったとしても、数年しかもちません。

一方、医療クリニックで使うレーザー光線はサロンとは段違いのパワーを秘めていて、再び毛が生える可能性が低くなります。

保証

クリニックと脱毛サロンの違いは色々とありますが、保証についてはそれほど差はない、と言えます。

満足ゆくまで施術を継続できる「永久保証」、一定期間まで有効期限を延長できる「期間保証」、中途解約時に払い戻しをおこなってくれる「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方にあります。

ただ、各クリニックによって条件そのほかは色々違いますから、トラブルにならないよう、あらかじめ公式サイトでチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの違いについて、意外に指摘されないのが支店(支院)の数です。

「それって何が大切なの?」と思われるかもしれませんが、脱毛の施術は発毛サイクルにしたがっておこなわれるため、完了までにどうしても長い期間が必要です。つまり最短でも数ヶ月、さらに大掛かりな全身脱毛のプランになると、数年間はサロンやクリニックに通わなければなりません。

そうなるとその期間に生活環境が大きく変わってしまう人も出てきます。
転勤・引っ越しがそうですが、新しい家の近所に契約していたクリニックの支院がないため、せっかく前払いした施術料がムダになることがあります。

部分脱毛なら数万円くらいかもしれませんが、部位を組み合わせたコースになると、前払いの金額が軽く20万円を越えてしまいます。引っ越しでそんな大金がムダになるのは腹立たしいことです。

有名サロンなら全国各地に店舗を設けていて、転居先でも契約を活かせる可能性が高くなります。ところがクリニックだとそれほど大きな規模のところは少なく、引越し先に支院がないケースも多いようです。

引っ越しの可能性があって損を避けたいなら、クリニックよりもチェーン展開をしている有名サロンの方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニック選びでの注意点は?

注意点について

施術料はいくらくらい?

医療クリニックで脱毛しよう、と決めた時、まずチェックしたくなるのはその料金でしょう。

上で記したように、サロンより医療クリニックは割高ですが、たとえばテレビコマーシャルで有名な「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛がかなりリーズナブルになっています。特に両脇のプランは、6回も施術できて料金は1,000円です。

このように格安で一部のパーツを施術してくれるところは他にもあるので、ぜひサイトなどで確認してみて下さい。

痛みへの対処は?

レーザー脱毛の大きな難点が照射時の痛みです。最近ではそれを軽くしようと、新機軸の機器を採用しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では「ジェントルレーズプロ」という器械を使っています。
これは施術箇所を冷やすことでレーザーの痛みを軽減。しかも麻酔代もかかりません。痛みを避けたい、という人には最適でしょう。

支院の数は?

全国に支院がどれだけあるか、というのも見逃せない点です。

それだけ繁盛している、ということで信頼性が高まりますし、予約も取りやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」は全国各地に支院があり、転居しても契約をそのまま活かせる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックについて、その脱毛方法、選び方のコツなどを細かく説明してみました。いかがだったでしょうか。

「施術料が高い」「レーザーの痛みが強い」などの理由からクリニックを避ける人も少なくないと思います。
しかし確かな脱毛効果を望むなら、サロンよりクリニックのレーザー脱毛の方がおすすめです。

どうかこのページを参考に、結果に満足できる医療クリニックを選んでください。

家庭用脱毛器を買う時に後悔しないためには?

昔、脱毛は手間と費用がかかることもあって、「お金持ちのぜいたく」と考えられていました。ところが最近は美容に対する意識が高まり、脱毛も「気楽に受けられるもの」というイメージに変わっています。

有名タレントを起用したサロンやクリニックのコマーシャルがテレビでも盛んに流され、その影響もあって高校生ですら施術に通っているようです。

また、施術に通う時間のない人などは、家庭用脱毛器を購入し、気になる部位のムダ毛の処理をおこなったりしています。

それを知って「自分もムダ毛で悩んでいるし、試しに脱毛器を買ってみようかな」という人もいるでしょう。ただ、全般的にまだまだ高価な器械ですし、その種類も驚くほど豊富です。
購入に失敗しないためにもその特徴や効果、メリットとデメリット、また自分に合うかどうかについて、しっかり理解する必要があります。

そこで、このサイトを立ち上げてみました。家庭用脱毛器の購入を考えている人のために、その選び方等に関して説明していこうと思います。

家庭用脱毛器はどんな美容器具なのか?

家庭用脱毛器
ムダ毛を処理するのに使われるツールには色々な種類がありますが、それらは大別すると2つに分けられます。つまり、肌表面に出た部分だけを処理するもの(電気カミソリ・カミソリ・クリームなど)と、毛根からムダ毛全体を引き抜くもの(ワックス・毛抜き・脱毛テープなど)です。

これらのうち、前者は「除毛」にあたり、「脱毛」とは呼べません。そして後者は肌に埋もれた部分を含めて毛を取り除くので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、発毛そのものを止めるわけではないので、すぐに毛は元通りになります。

これまでムダ毛の成長そのものを阻害するには、サロンやクリニックで施術を受けるしかありませんでした。

そんな時に発明されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛で悩んでいる人にとってこの上ない朗報でした。

何しろサロンやクリニックに通う場合、脱毛が終わるまでに最低で数ヶ月、長い場合は数年間はかかります。
その間に嫌になってやめる人も少なくないですし、その料金が10万円を越えることなど普通です。

それが家庭用脱毛器だと、もっとリーズナブルにプロレベルの脱毛ができるのですから、大人気商品になったのも当然でしょう。

ただ、1番安価なものでも2万円はしますから、いざ購入ということになると機種選びには慎重になってしまいます。

以下の情報や買い方のポイントをしっかり把握して、自分の予算と目的に沿った商品を選んで下さい。

買う際に留意すべき点とは?

留意すべき点
家庭用脱毛器は、方式・機種次第で効果のあるなしがハッキリと分かれる器具だと言われています。「値段がすごく安かったから」「デザインがカッコ良かったから」といった理由で衝動的に買ってしまうと、後で失望する場合が多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためにはどうしたらいいのか、そのポイントを述べてみます——

使い勝手の良さも大切

ネットで家庭用脱毛器に関する感想をチェックしてみると、

「『ムダ毛の手入れが効果的にできる』という評判なので購入してみました。でも持つところが私には重すぎて、ちょっと使っただけで手が疲れます」

「照射範囲が狭すぎます。打ち漏れが出るし、足の処理に時間がかかって大変」

「動作音が大きすぎて、夜中は近所迷惑になって使えません」

などの悪い口コミが結構目立ちました。このように「使用感に満足できない」という理由から、せっかく買ったけれどいつの間にか使用をやめてしまった、という人も少なくないようです。

こんな嫌な結果を避けるため、あらかじめ照射面積、連射機能、最大出力レベル等についてはサイトなどでしっかりチェックするようにしましょう。また近くに家電店があるなら、商品を色々触ってみて、重量がどれくらいなのか確認した方が無難です。

コストパフォーマンスは優秀か?

脱毛器購入の失敗例によくあるのは、本体を安く手に入れたものの、消耗品の購入費が思った以上にかかってしまう、というパターン。

家庭用脱毛器はリーズナブルな2万円台の機種から、10万円以上のハイスペックの製品まで色々そろっていますが、確実に消耗していくカートリッジのランニングコストを忘れてはいけません。

購入の前には、本体価格&カートリッジの維持費、そしてその交換頻度について、しっかりと確認しておきましょう。

脱毛効果をきちんと理解する

脱毛サロンと医療クリニックでは脱毛方式が違いますが、家庭用脱毛器でも各機種で異なる方式が使われています。現在メインなのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式といったところですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

手入れしたい部位、あるいはどれだけ効果をあげたいのかは使用する人によって違いますから、各方式の特徴を理解しておいた方がいいでしょう。

また、「1回の手入れで時間はどれほどかかるか」「顔やVIOなどの特殊な部位にも使えるか」といった細かいところも、なるべく調べておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つは、しっかり心に留めておきましょう。

脱毛器の使用に関するメリット、デメリット

メリット、デメリット

家庭用脱毛器のメリット

・サロンなどの予約時刻に束縛されず、ヒマのある時にひとりで脱毛ができる
・施術場所に出かける必要がないため、交通費などの経費が節約可能
・他人にあまり見せたくないパーツ(VIO、乳首周りなど)も時間をかけて脱毛できる
・自分の体質に合わせてパワーを変えられるため、照射時の痛みを軽くできる

家庭用脱毛器のデメリット

・家電としては値段が安いとは言えず、また高価な消耗品を買い続けないといけない
・海外製品にはパワーが強すぎるものがあり、日本人の肌に合わない
・サロンなどの施術と比べると、効果を実感するのに時間がかかる
・お尻、うなじ、背中といった体の裏側にあるパーツは処理がやりづらい
・使用によって肌のトラブル(炎症、火傷、切り傷など)が生じても、あくまでも自己責任になる

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能なのか?

永久脱毛は可能なのか?
脱毛のメカニズムに関しては、ほとんどの家庭用脱毛器はサロン・クリニックのマシンと変わりません。ただ、肌トラブルを起こさないように照射出力が抑えられているので、家庭用脱毛器で永久脱毛はできないようになっています。

なお、勘違いしている人が少なくないのですが、サロンの施術はあくまで「抑毛」です。発毛機能はただ単に弱体化するだけなので、数年経つと毛がまた伸びてきます。

もし永久脱毛をやりたいなら、レーザー脱毛が可能な医療クリニックに行きましょう。

脱毛方式の種類とその原理

家庭用脱毛器の脱毛方式には数種類あります。それらを紹介してみましょう——

フラッシュ式

この方式は脱毛サロンと同じもので、ほとんどの家庭用脱毛器で採用されています。IPLと呼ばれる特別なライトを肌に当てると、表皮の奥にある毛根の発毛器官が熱のせいで弱体化。日数をおきながら照射し続けていくと、その部位のムダ毛の本数が段々少なくなっていきます。

最大のメリットは光の照射口が広く、ワンショットの照射面積が大きいこと。
そのためムダ毛の処理がスピーディにできます。打ち漏れの可能性も少ないので、足・腕などの広い部位を手入れするにはピッタリです。

照射パワーもレーザー式ほど強くないため、火傷も起こりにくくなっています。もちろん痛みも軽微ですみます。

デメリットは脱毛完了までの日数が長いことですが、それでも最初の照射からおよそ1年でお肌がツルツルになります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、クリニックの器械と同じ方式です。肌に照射されたレーザー光がムダ毛のメラニン色素に反応。その結果、毛乳頭などが高熱に包まれて発毛が阻害されます。

レーザーは狭い範囲に集中するので、効果的な処理ができます。剛毛、あるいは指や顔の一部などを手入れしたい人に最適です。

完了までの期間も短く、2週間に1度照射すれば、3ヶ月ほどで効果が出ます。

ただ広い部位の場合、1回の照射にどうしても時間がかかりますし、打ち漏れも起こりやすくなります。

また、デメリットとして見逃せないのが、「痛み」です。ネットでも「思わず声が出た」「照射直前はビクビクする」といった口コミが目立ます。

特に脇、骨付近のスネ、デリケートゾーンはかなり痛いようなので、照射パワーを上げすぎないように注意が必要です。

また、ホクロ、シミにはレーザーが反応することがあるので、シールなどでカバーしておく方がいいでしょう。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピッカーというピンセット状の先端でムダ毛をはさみ、そこにごく弱い電流を流すことで手入れを行います。フラッシュ式やレーザー式のような特殊なライトを使わないので、額の生え際や眉毛など、目付近の部位の毛を処理できます。

また、日焼け肌のムダ毛や白髪は光による方式では手入れできないのですが、高周波なら処理可能です。

ただ、1本ずつの処理になるため、背中、足、腕といった広い部位には不向きです。できるだけ素早くムダ毛処理をおこないたいという人には、フラッシュ式の方が向いているでしょう。

以上解説してきた3方式は、すべて発毛機能に損傷を及ぼして毛の処理をおこないます。そして3つとはやり方が異なるのですが、やはり「脱毛器」と名前のついている「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても一応触れておきます。

サーミコン式脱毛器ですが、ヘッド内蔵の熱線でムダ毛を焼き切ります。あくまで表面に伸びている部分を処理するだけで、毛根には何もしません。つまり本当は「除毛」に当たります。

ただ、これで手入れすると毛先が丸くなるので、カミソリ処理によるチクチクがイヤな人には役立つでしょう。

最後に「ローラー式」です。これはローラーヘッドを肌に転がすことで処理をおこないます。

方法自体は毛抜と同じですが、素早く広範囲を手入れできるのがメリットです。もちろん毛穴や肌には負担をかけるので、推薦はできかねます。

主要な家庭用脱毛器の値段は?

家庭用脱毛器の値段は?
家庭用脱毛器を買う際に最も気にかかるのが、その値段でしょう。

公式サイトのデータをもとに、主な家庭用脱毛器の価格をまとめてみました——

ノーノーヘア…¥12,800

エピレタ…¥17,800

センスエピX…¥29,800

ラヴィ…¥39,800

トリア…¥54,800

ローワン…¥54,800

フィリップス…¥66,880

2PSクリスタル…¥69,800

ケノン…¥69,800

ダブルエピ…¥81,000

レイボーテグランデ…¥108,000

以上、最も安い機種は12,800円、そして最も高い機種は108,000円となっています。

すでに述べたように、購入時はカートリッジの値段を考慮することが大切です。本体価格とカートリッジの総計がいくらなのか、自分でチェックしておきましょう。その数字を比較することで、本当の価格の差が分かります。

たとえば上の機種のうち、特に人気のある4つについて、その照射コストを比べてみると——

・ケノン
1回の照射コスト…約0.15円
照射面積…9.25平方cm

・ラヴィ(オールインワンセット)
1回の照射コスト…約0.2円
照射面積…7.4平方cm

・トリア
1回の照射コスト…約0.06円
照射面積…1平方cm

・センスエピX
1回の照射コスト…約0.09円
照射面積…2.7平方cm

となります。

この結果から「1回の照射コストの違いなんて、ほとんどない」と考える人がいるかもしれません。しかし脱毛は1回では終わらず、2週間ごとに照射を継続する必要があります。
つまり、ワンショットのわずかな差でも、何回も繰り返すことで予想以上の大きな違いとなります。

また、「照射範囲」も忘れてはいけません。1回の照射範囲が広いとショット数はそれだけ減少しますから、カートリッジの費用も節約できます。

トリアなどレーザー式ですから、照射範囲は狭くなります。そのためフラッシュ式のラヴィやケノンと比べると、照射面積は半分を下回っています。

広い部位を手入れしたい人など、各機種の1回の照射コストと面積がどれほどなのか、よく把握しておきましょう。その上で、なるべくリーズナブルな商品を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の長所・短所、選び方のコツなどについて細かく解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で書いたように、家庭用脱毛器はその機種・脱毛方式によって用途や効果が異なります。
また本体の値段以外に、消耗品となるカートリッジのコストをしっかり知っておくことも大切です。

ぜひ自分にふさわしい機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

効果が高くて安い背中脱毛サロン@所沢

【2019版】背中脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@所沢

所沢で背中脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ所沢

所沢にあるミュゼの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-4 マスダ写真館ビル5F

所沢のミュゼのイメージ

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


シースリー所沢

所沢にあるシースリーの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市くすのき台3-1-13 烏山ビル5F
西武線『所沢駅』

所沢のシースリーのイメージ

シースリー所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック<所沢

所沢にあるジェイエステティックの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-2 プロペ所沢ビルII 3F

所沢のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

背中脱毛をする前に知っておきたい4つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.背中のムダ毛は脱毛効果があがりにくい?
3.背中の薄い毛にも脱毛効果が上げられる方法は?
4.背中脱毛に関する疑問点

1.サロン選びの際の注意点!

脱毛しようかどうか迷っている時、まず調べたくなるのはその施術料でしょう。

サロンとクリニックとでは脱毛完了までの回数、そして施術方式にも違いがあり、1回の料金も違ってきます。

・脱毛サロンの場合

ほとんどの脱毛サロンでは、施術パーツに「背中上部」と「背中下部」があり、1回の施術料がだいたい5,000円となっています。つまり背中全体を脱毛すると、合計で約10,000円となるわけです。

なお脱毛は1回や2回では効果がなく、無毛状態をキープするには何回か施術を継続しなければなりません。

脱毛サロンで背中を脱毛してもらう場合、もちろん個人差はありますが、毛を減らす程度で6〜11回、完璧に無毛状態にするには最低12回施術を受ける必要があります。

つまり、10,000円×12で120,000円くらいです。

ただし、サロンではキャンペーンをよく実施しているので、もっと安くで脱毛できる場合も少なくありません。

・医療脱毛クリニックの場合

クリニックでの背中脱毛は、1回15,000円くらいが相場です。

また、施術回数はサロンよりも少なく、人によっては4回〜5回で十分減毛効果が得られます。ただ、ツルツルにしたい時は、8回ほど施術を受けるのが無難です。

ということでクリニックの施術料は、15,000×8で、約120,000円になります(つまり結果的にはサロンと同じくらいです)。

ただクリニックの場合、サロン以上に施術料に差がありますから、公式サイトなどで事前にチェックしましょう。

以上の料金をまとめると——

・脱毛サロンの場合

1回……10,000円/脱毛完了(12回)……120,000円

・医療クリニックの場合

1回……15,000円/脱毛完了(8回)……120,000円

となります。

2.背中のムダ毛は脱毛効果があがりにくい?

実は背中は、脱毛しても効果があがりにくいパーツとされています。それは背中のムダ毛が、他のパーツに比べて細くて色が薄いからです。

「なぜ細くて色が薄いと、脱毛しても効果があがりにくいの?」と思われるでしょうが、それは今の脱毛方式と密接な関わりがあります。

以下、サロンとクリニックで導入されているマシンの紹介をしながら、その理由を書いていきます。

現在、サロンで1番採用されているのは、IPL脱毛という方式の機器です。

この機器は、IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を肌に当て、毛根の発毛機能にダメージを与えます。もともとは「フォトフェイシャル」(シミ、くすみなどを治癒する)用にエステで使われてきたもので、脱毛用ではありません。

しかし、「フォトフェイシャルを受けているうちにムダ毛が伸びなくなった」という顧客が多くいたため、改めて実験を実施したところ、発毛を阻害する働きが分かりました。以後、サロンでも脱毛用に採用されることになったのです。

IPLの最大のメリットは、複数波長を備えた混合光であること。そのせいで肌へ損傷を与えることなく広い範囲に照射できます。脚、背中にはピッタリで、施術も短時間ですむために料金も抑えられます。

ただ、光が広い層に分散するため、毛根にダメージを及ぼす威力はそれほど強くはありません。

一方医療クリニックで多く使われているのは、「レーザー脱毛」の機器です。これはレーザー光を肌に照射して脱毛効果を発揮します。

実はIPL脱毛にしろレーザー脱毛にしろ、脱毛の仕組み自体はほとんど変わりません。機器から照射される光線はいずれも、黒いメラニン色素にぶつかると熱を発する特徴を持っています。

毛穴のある肌に当てると、ムダ毛に反応して熱エネルギーに変わり、やがてその熱は毛根へと集まってきます。高熱によって毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった組織が大きな損傷を受け、ムダ毛が伸びなくなります。

ただ「仕組みは変わらない」といっても、照射パワーにはかなりの違いがあります。レーザー光の威力は激烈で、発毛部位は完全に死滅します。そうなるとムダ毛はもう生えてこず、その部位は死ぬまでツルツルのままです(これが「永久脱毛」と呼ばれるものです)。

「そんなパワーを備えたレーザー光なら、背中脱毛にも効果的なのでは?」と思われるでしょうが、そう思い通りにはいきません。

というのも、背中のムダ毛にはメラニン色素がほんのわずかしか含有されておらず、レーザー光を照射しても発熱そのものが起こりにくいからです。

「では、背中の色の薄いムダ毛に脱毛効果を発揮できる方法はないの?」ということになりますが、それは以下のセクションで述べていきます。

3.背中の薄い毛にも脱毛効果が上げられる方法は?

背中のムダ毛を効率的に施術する方法には、以下のようなものがあります——

・S.S.C.方式のマシンを用いる
・ダイオードレーザーで脱毛する
・美容電気脱毛ができるクリニックへ行く

これら3つの方法について、順に説明していきましょう。

まず、S.S.C.方式ですが、これは脱毛ラボ、ミュゼといった有名サロンが導入しています。S.S.C.は「スムース・スキン・コントロール」の頭文字を取ったものです。

上で解説したIPL方式との差は、ライトだけでなく専用ジェルを肌に塗ること。IPLでも連射する際は滑りを良くするためにジェルを塗ることがありますが、このS.S.C.方式のジェルはそれとは全く違います。

このジェルには「フィリニーブ」というオリジナルの成分が入っています。ここにはサルチル酸、尿素、セイヨウシロヤナギのエキスなどの天然由来成分が配合されており、これらが毛穴から毛根に浸透し、発毛機能を阻害します。

前のセクションで述べたように、IPL脱毛では原理的に背中のムダ毛に効果があがりません。しかし、ライトとジェルを一緒に用いるS.S.C.方式なら、メラニン色素をターゲットにすることなく施術できるので、背中の毛穴にもダメージを与えられます。

次に、ダイオードレーザーを用いた施術です。

医療クリニックではレーザー光を使って施術していますが、用いられるレーザーには——

・アレキサンドライトレーザー
・ヤグレーザー
・ダイオードレーザー

の3種類があります。

これらはそれぞれ異なった特徴を持っているのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーよりも威力の高い光を照射できる点が大きな長所となっています。

「パルス持続時間」というものがレーザー光のパワーの基準となっていますが、ダイオードレーザーの数値は3/1000秒と非常に短く、このことで脱毛効果を増加できるのです。

ダイオードレーザーを照射できるマシンには「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2つがあります。
どちらかを導入しているクリニックを探せばいいでしょう。

次に美容電気脱毛です。昔からよく用いられてきた方法で、光線を使った施術が一般化する前は、これが脱毛の主流でした。

「絶縁針」(別名「プローブ」)という針を毛穴の一つ一つに突き刺し、電気を流して発毛機能に大きな損傷を与えるため、「ニードル脱毛」「絶縁針脱毛」とも呼ばれています。

針と電気によって毛根に物理的なダメージを及ぼすので、脱毛効果は他の方法より高いとされています。

これなら施術効果にメラニン色素の有無は関係ないため、背中は完璧にツルツルの状態になります。

ただ、毛穴に針を突き刺した上に電気を流すわけですから、痛みはかなり激烈なものです。痛みがイヤだ、という人にとっては、施術は責め苦に近いでしょう。

また、ひとつひとつの毛穴を手作業によって処理していくので、脱毛完了に至るまで相当な時間が必要ですし、施術料もとても安価とは言えません。それらのデメリットを十分理解してこの方式を選べば、ほかの脱毛方法よりも高い脱毛効果が得られます。

以上、3つの方法について説明しました。

このうち、1番やりやすいのがS.S.C.方式です。どれをチョイスすればいいか分からないという人は、とりあえずS.S.C.方式をやってみるのがいいかもしれません。完璧な無毛状態にはならなかったとしても、毛の量を抑える効果だけは確実です。

ただ「背中を完全にツルツルにしたい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛が1番でしょう。

4.背中脱毛に関する疑問点

背中脱毛について疑問を感じるところをQ&A形式でまとめてみました。

Q.脱毛すると背中ニキビが快癒するって聞いたけど?

脱毛の結果、背中の肌が無毛状態になると、確かに度々できていたニキビが治ったりするようです。

これは、ムダ毛が失われることで開いていた毛穴が閉じ、炎症、皮脂の詰まりなどの肌トラブルが減少するためです。

ただ、施術直後に関しては注意が必要です。施術によって皮膚が乾燥し、皮脂の分泌が促されてしまいます。

そうなるとニキビもできやすいので、しっかりと化粧水やクリームを塗って肌を保湿しましょう。

Q.施術のせいで硬毛化現象が起こる?

硬毛化というのは、もともとは薄くて細い毛が、何かの刺激によって太い剛毛になってしまうこと。施術時に毛乳頭に加わる高熱が原因になっている、とも言われていますが、まだしっかりした解明はなされていません。

確かに施術で硬毛化が起こることもありますが、脱毛を継続すれば他のムダ毛と同じように処理できるので、特に気にする必要はありません。

以上、初心者向けに背中脱毛に関する情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

7月8月を迎えると海やプールに出かけることもあって、背中を露出する機会が増えてきます。
知らないうちに伸びてしまったムダ毛を脱毛してもらい、肌のコンディションを整えておきましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安いVIO脱毛サロン@所沢

【2019版】VIO脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@所沢

所沢でVIO脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ所沢

所沢にあるミュゼの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-4 マスダ写真館ビル5F

所沢のミュゼのイメージ

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック<所沢

所沢にあるジェイエステティックの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-2 プロペ所沢ビルII 3F

所沢のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


シースリー所沢

所沢にあるシースリーの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市くすのき台3-1-13 烏山ビル5F
西武線『所沢駅』

所沢のシースリーのイメージ

シースリー所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

VIO脱毛をする前に知っておきたい6つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.Vラインの定番デザインについて
3.Oライン脱毛には一体どんな長所が?
4.VIO脱毛の料金は?
5.脱毛完了まで何回も施術するのはなぜ?
6.施術後の注意点について

1.サロン選びの際の注意点!

「VIO」というと何となくコンピューターのブランド名を思い浮かべるかもしれませんが、もちろんそれとは全く関係ありません。
実は美容系の宣伝などで「デリケートゾーン」と呼ばれる部位、つまり女性の性器からお尻周辺です。

V、I、Oは、それぞれ——

・Vライン(足の付根のデルタ地帯。別名「ビキニライン」)
・Iライン(女性器の脇に沿った2つの帯状のパーツ)
・Oライン(肛門を真ん中にした半径2センチの円い部分。別名「ヒップ奥」)

を指します。

つまり、それぞれのラインとアルファベットの形が似ていることからVIOと名付けられたのであって、別に外国語の頭文字というわけではありません。

ということで、「VIO脱毛」はアンダーヘアーの脱毛の意味です。

ただ上記のようにVIOは3つの部位のことなので、実際のプランでは3つバラバラに脱毛することもできます。

そして3ラインをまとめて無毛状態にしてしまう施術には、「ハイジニーナ」という別名もついています。

VIO脱毛についての情報が日本に伝えられた当初、その呼び名は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(現在でも一部のサロンや医療クリニックでは、広告等で「ハイジニーナ脱毛」と書いてあります)。

その時は、海外の有名人がおこなっている風変わりな脱毛、という印象があったのですが、現在では日本でもすっかりポピュラーに。
VIOは脱毛を受ける人の間で最も人気のあるパーツのひとつとなっています。

実際、アンケートでは「施術を希望する部位」として第2位にランクインしました。

2.Vラインの定番デザインについて

上に記したように、Vラインは各種アンケートでも常に上位に入る人気パーツ。

外国ではハイジニーナが一般化しているので、Vラインも完璧なツルツル状態にする女性がかなりいます。しかし、日本ではアンダーヘアーを脱毛したことをあからさまに知られたくないのか、大抵の女性が一部の毛を残すようです。

その時、「毛をどんな風に残すか」を決めなければなりません。

サロンやクリニックではそんな人のために、定番となるデザインを何通りか用意しています——

・逆三角形

「脱毛したことをあからさまにしたくない」と思う女性は、これにするのがいいでしょう。デザインの中でも最もナチュラルで抵抗のないものです。

・オーバル型

自然に見えるかどうかは微妙なところですが、デザインそのものはフェミニンで女性らしさをアピールできます。ちなみにオーバルというのは「楕円」という意味。

・Iライン型

字形の通り、アンダーヘアーを帯のような形にします。小さな水着を着たいという女性にはピッタリ。股の付け根が釣り上がって見えるため、「脚が長い」という印象を与えてくれます。

・Uライン型

「逆三角形」を丸っこく処理したデザインで、やはりナチュラルな感じです。

・スクエア型

「Iラインはちょっと極端すぎる……」という女性がよく選んでいます。ただ、いかにも脱毛しましたという感じになるので、好き嫌いは分かれるでしょう。

ちなみにVライン脱毛をサロンではなく医療クリニックでおこなう場合は、かなり慎重にデザインを選ぶべきです。

というのも、クリニックは永久脱毛。
つまりヘアーを一度脱毛すると、Vラインのデザインは半永久的にそのままになってしまいます。

奇抜なデザインをチョイスすると後で悔やむこともあるので、なるべく穏当なものにする方がいいかもしれません。

3.Oライン脱毛には一体どんな長所が?

VIOの中でも、とりわけVラインとIラインは施術したい人が多い部位。小さくてきわどい水着や下着を身につけようと思ったら、その辺りのヘアーはどうしても処理する必要があるからでしょう。

ところがOラインだけはなぜか人気がなく、脱毛する人の数はそれほど多くありません。

でもOラインのヘアーを脱毛すれば肛門の周りがキレイになり、不快感が減らせます。

また、セックスをする時も体位次第で男性の目がOラインに向くこともありますから、処理しておいた方が安心できます。

サロンやクリニックでの施術時は、渡された紙パンツに履き替えます。
それをスタッフが少しずつめくりながら、施術をするわけです。

施術時の体勢に関しては「四つん這い」、あるいは「うつ伏せでの開脚姿勢」の二択になります。後者の方が恥ずかしさの点ではマシなので、あらかじめスタッフに「うつ伏せ」とリクエストしましょう。

最初は恥ずかしさを感じるでしょうが、繰り返し施術を受けるうちに慣れてきます。

10〜15分ほどの施術時間ですみますから、ぜひOライン脱毛にチャレンジしてみましょう。

4.VIO脱毛の料金は?

脱毛に際して最も気になるのは料金でしょう。

ここでは「VIO3つを全て脱毛するプラン」の料金を紹介してみます(別々に施術を受ける場合は費用も異なります)。

まず、サロンで施術する場合。

有名サロンの料金は次のようになっています——

減毛程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回8,640円)

完璧にツルツルにする

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回9,180円)

続いてクリニックで施術する場合。

有名クリニックの料金は次の通り——

減毛程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回18,540円)

完璧にツルツルにする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8〜9回のプランがありません)

こうして一覧にすると、サロンは回数が多くて料金も高く、クリニックの方がリーズナブルだとわかります。

特に湘南美容外科が格安なので、VIO脱毛をするなら料金の点でおすすめです。

5.脱毛完了まで何回も施術するのはなぜ?

上述したように最近は脱毛が一種のブームになっていますが、その詳細についてはまだまだ知らない人が少なくありません。

例えば、脱毛用のレーザーや光を1度肌に当てれば、そこのムダ毛はもう脱毛できたと勘違いしている人がいます。

実は1回の施術では脱毛は完了していません。一旦は無毛状態になっても、しばらくすると新しく毛が伸びてくるのです。
発毛を阻害するには、長い日数をかけて施術を繰り返さなければなりません。

「じゃあ短期間で何度も施術したら早く終わるのでは?」と考える人もいるでしょうが、そんなに簡単にはいきません。やはり日数をかける必要があります。

なぜ長い期間に何度も施術する必要があるのでしょう?

それには発毛サイクルが関わっています。

毛は生えては抜け落ちることを繰り返していますが、それには「成長期」「退行期」「休止期」という3つの期間を経ています。

このサイクルが「毛周期」と呼ばれるもの。普通は2ヶ月〜5ヶ月ほどで一巡りします。

3つの時期のうち、「成長期」は毛が伸び、皮膚の外へ出てくる時期です。

次の「退行期」は、毛の成長がストップし、毛乳頭から離れかけている時期。

そして「休止期」は、毛が毛乳頭から離れ、抜けるのを待っている時期です。

実は脱毛の施術というのは、成長期の毛にだけ効果を発揮します。全てのムダ毛が同じ時期に生え変わるわけではないので、退行期や休止期の毛は抜け落ちたとしても成長期になると再生してしまいます。

脱毛を完遂するには、毛一本一本の成長期に施術を合わせる必要があるので、どうしても日数がかかってしまうのです。

6.施術後の注意点について

サロンや医療クリニックでの脱毛には、専用のマシンが使われます。

これらのマシンには色々な種類がありますが、現在メインとなっているのはIPL(インテンス・パルス・ライト)やレーザー光といった、メラニン色素の黒色に反応する特別なライトを使うもの。これらを肌に照射して、高熱のエネルギーで毛根の発毛組織を破壊。そのことで脱毛効果を発揮するわけです。

毛根が高熱に包まれるためにどうしても毛穴やその周りが軽い火傷状態におちいり、肌の水分が失われてしまいます。

水分がなくなると肌は本来備わっているバリア機能を弱体化させ、かゆみ、赤み、むくみが生じやすくなります。

それだけならまだ軽微な症状ですむのですが、かゆみの部位をひどくかいたりすると弱った肌の内部に雑菌が入り込むことになり、様々な肌トラブルの元凶となります。

特によくあるのが毛嚢炎という症状です。

これはデリケートな状態におちいった毛穴に細菌が侵入して炎症となり、膿が生じたもの。
見た目がブツブツで赤いため、よくニキビと間違われます。

炎症が肌の表面にとどまっていれば、痛み・かゆみも感じません。そのまま放っておいても、1週間くらいで自然に完治してしまいます。

しかし感染が毛穴の深部に及ぶと、ふくらみが大きくなっておできそっくりになり、かゆみや痛みが生じる場合もあります。

症状がさらに進むと慢性化し、毛嚢炎の発症を何度も繰り返すケースもあるので注意しなければなりません。慢性化すると炎症の部位が拡がり、見苦しい傷跡が肌に残ることがあります。

そんなことに避けるためにも、施術のあとは入浴や激しい運動を避け、弱体化した肌をしっかりいたわりましょう。

以上、VIO脱毛の初心者向けの情報を紹介してみました。

もし「アンダーヘアーをカミソリや毛抜きで処理している」という女性がいたら、1度プロの手で脱毛してもらうことをオススメします。上述したように自己処理は美容的に有害で、肌のコンディションを悪くします。

脱毛すればデリケートゾーンが清潔になるばかりでなく、肌トラブルも解消されていくでしょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い足脱毛サロン@所沢

【2019版】足脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@所沢

所沢で足脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ所沢

所沢にあるミュゼの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-4 マスダ写真館ビル5F

所沢のミュゼのイメージ

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック<所沢

所沢にあるジェイエステティックの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-2 プロペ所沢ビルII 3F

所沢のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


シースリー所沢

所沢にあるシースリーの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市くすのき台3-1-13 烏山ビル5F
西武線『所沢駅』

所沢のシースリーのイメージ

シースリー所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

足脱毛をする前に知っておきたい7つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.脱毛を試してみたいなら、ジェイエステに行こう
3.脱毛に必要とされる日数と回数について
4.脱毛に長い日数と手間がかかる理由とは?
5.脱毛することで足のブツブツは治っていく?
6.足脱毛についての疑問&回答
7.施術後のアフターケアはしっかり行なう

1.サロン選びの際の注意点!

足は何しろ広い部位で、体の下半分を占めます。そのため、脱毛する際は、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指といった細かいパーツについて個別に施術が可能です(もちろん、すべてのパーツを含んだ足全体のプランもあります)。

それらの料金は、各店舗・各医院によって相当な違いがあるので、なるべくリーズナブルに施術してもらいたかったら各ホームページなどをチェックし、その数字をしっかりと比較検討することが欠かせません。

その中でもおすすめのサロンやクリニックを一覧にしていくと、まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円(6回分)
・ひざ下……18,000円(6回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円(8回分)
・足全体……48,000円(8回分。ひざ上・ひざ下は6回分)

銀座カラー

・ひざ上……42,000円(8回分)
・ひざ下……42,000円(8回分)
・ひざ……21,000円(8回分)
・足の甲・指……21,000円(8回分)
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円(8回分)
・ひざ下……31,200円(8回分)
・ひざ……14,400円(8回分)
・足の甲・指……14,400円(8回分)
・足全体……91,200円(8回分)

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円(8回分)
・ひざ下……31,840円(8回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円(8回分)
・足全体……95,520円(8回分)

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円(5回分)
・ひざ下……41,250円(5回分)
・ひざ……13,750円(5回分)
・足の甲・指……13,750円(5回分)
・足全体……92,900円(5回分)

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円(5回分)
・ひざ下……89,800円(5回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円(5回分)
・足全体……119,800円(5回分)

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円(6回分)
・ひざ下……81,000円(6回分)
・ひざ……28,750円(6回分)
・足の甲・指……28,750円(6回分)
・足全体……219,500円(6回分)

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円(5回分)
・ひざ下……60,000円(5回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円(5回分)
・足全体……100,000円(5回分)

となっています。

サロンの中で最も料金がお得なのは、ミュゼです。ひざ上・ひざ下の両方を施術してもらっても36,000円(6回分)ですから、他のサロンよりはるかにお安く脱毛できます。

ただ足全体のコースとなると銀座カラーがおすすめ。足の指・甲まで施術できておまけに通い放題。お値段は151,152円です。
足のすべてのムダ毛を徹底的に処理したいという方はこっちがベターかもしれません。

クリニックでは、アリシアクリニックが最もお得。足全体プラン(ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指が施術できる)が92,900円となっています。

クリニックには40万円以上の施術料をとる恐ろしく高級なところもあるので、10万円以下というのは本当にリーズナブルです。

2.脱毛を試してみたいなら、ジェイエステに行こう

全身脱毛に比べるとまだ安いとは言え、足脱毛の料金もバカには出来ません。

いきなり契約するのが不安だという人は、ジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で施術を体験してみましょう。

これは両ワキに加え、全身18部位のうちの3つを1度だけ施術できるという特殊なプラン。料金はなんと300円しかかかりません。

これで施術を体験した後、契約したいサロンやクリニックを選ぶのがいいでしょう。

3.脱毛に必要とされる日数と回数について

上のセクションで、足脱毛の大体の料金についてはお分かり頂けたと思います。

では脱毛が終わるまでの日数と回数はどうなのでしょうか?

大体の目安は以下のようになっています——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

これらの数字を見て、「予想していたよりも日数と回数がかかる」と思った人が多いかもしれません。

実は、体のパーツの中でも足は施術効果が早く出る、と言われています。それでも上記のような時間と手間がかかってしまうのです。

その理由ですが、現在サロンやクリニックで採用されている脱毛方法と、毛一本一本の成長サイクルの両方が関わっているからです。

それを以下の部分で解説しましょう。

4.脱毛に長い日数と手間がかかる理由とは?

脱毛方法から説明しましょう。

現在、サロンとクリニックで導入されている脱毛マシンは、いずれもレーザー系の特別な光を肌に照射してい脱毛効果を発揮します。

この光は、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変化する特質を備えています。ですから肌に照射しても素通りし、メラニン色素を含む黒い毛だけにダメージを与えるわけです。

熱エネルギーは毛を燃やすだけでなく、その毛根にある発毛組織(毛母細胞、皮脂腺開口部、毛乳頭など)を弱体化させたり破壊したりします。
このことで発毛が阻害され、肌がツルツルになります。

「それなら1回照射してしまえば脱毛は完了するのでは?」と思われるかもしれませんが、そういう結果にはなりません。というのも、ムダ毛は外観上は同じに見えても、肌の奥での状態が一本一本違っているからです。

体のすべての毛は「休止期」「成長期」「退行期」という3つの期間を繰り返しながら生え替わっていきます。これが「毛周期」と呼ばれるものです。

光の照射で効果があがるのは、毛が成長して表面にあらわれる時期、つまり「成長期」だけです。

残りの「退行期」(成長がストップし、毛乳頭から離れかけている時期)、そして「休止期」(毛乳頭から完全に毛が離れ、毛穴にくっついている時期)は、照射しても毛根にダメージが及ばないため、施術効果があがりません。

光の照射で成長期の毛は1〜2週間で抜けてしまい、1ヶ月から2ヶ月の間だけその部位はツルツルの毛のない状態になります。

やがて毛が復活するため、再び光を照射。これを何度も繰り返すと、毛そのものが細い状態になり、本数も少なくなっていきます。

このようにしてゆっくりと時間をかけてムダ毛一本一本の毛根にダメージを与え、ようやく脱毛が終わるわけです。

そのため、施術はどうしても1〜2ヶ月に1回というゆったりしたペースになります。

以上、脱毛に長い時間と回数が必要な理由がお分かりになったでしょうか?

何しろ毛の成長との兼ね合いがあるので、施術をスピードアップするのは中々難しいものです。「脱毛すると決めたら1年以上は施術に通う必要がある」ということを理解しておいて下さい。

5.脱毛することで足のブツブツは治っていく?

長い間ムダ毛の自己処理をやっていると、黒いブツブツができることがあります。

このブツブツはカミソリによる埋没毛です。

カミソリで毛を剃っているとどうしても肌が傷つき、それを回復させるために新しい皮膚が再生されます。

運悪くその皮膚が毛穴をふさいでしまうことがあり、そうなると毛が肌の奥で成長します。これが埋没毛です。

埋没毛を増やさないためにも、プロの手で脱毛してもらいましょう。自己処理の回数が減り、肌のコンディションが改善されます。

さらに保湿ケアをしっかりとおこなってくれるサロンやクリニックなら、肌の水分が維持され、ケア効果もアップ。

施術を継続していれば、足の肌は確実に美しくなるでしょう。

6.足脱毛についての疑問&回答

Q.サロンやクリニックで施術してもらう時は、どんな服装で出かければいいの?

通うサロンやクリニックによって服装の事情は違ってきます。キチンと施術用のガウンを貸してくれるところなら、もちろんどんな服装でも問題はありません。

着替えが用意されておらず、そのままの服装で施術を受ける場合は、下半身だけスカートやズボンを取ってショーツ姿になります。ですから、ワンピースは避けた方がいいでしょう。

なお、光の照射時に専用ジェルを用いるサロンやクリニックでは、そのジェルがショーツに付着してしまう場合があります。
替わりのショーツが用意されていない店や医院なら、自分で持参する方が無難です。

Q.肌が色素沈着している場合は施術できない?

いくつかのサロンとクリニックに聞いてみたところでは、「色素沈着がある部位は施術できない」という回答ばかりでした。

上述したように施術時に使われるレーザー系の光は、黒いメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変わります。したがって色素沈着があると熱が生じ、肌に火傷を負わせる危険性があります。

どうしても色素沈着のある部位を脱毛したい場合は、電気バリを使う方法をおすすめします。

Q.肌が乾燥していると施術はNG?

やはりサロンとクリニックに聞いてみましたが、「乾燥した皮膚への施術は不可」とのことです。

というのも、乾燥した肌は刺激への抵抗力が弱くなっているため、光の照射によって肌トラブルが生じやすくなるからです。

また、肌に傷がある場合も化膿が起こる可能性があるため、施術はできません。

7.施術後のアフターケアはしっかり行なう

脱毛マシンによる施術を受けると、肌の抵抗力がかなり落ちます。
トラブルを避けるためにも、アフターケアはしっかりと行なうことが大事です。

まず入浴は絶対にやめましょう。どうしても汗や汚れを落としたいという方は、温度の低いシャワーを浴びて下さい。

その際も、刺激を与えないように優しく肌に触れること。ボディタオルを使うのは厳禁です。

入浴後もタオルでこするのはやめ、押し当てる感じで水分を取りましょう。

また、施術後の肌は毛穴にこもった熱のせいで炎症が生じやすくなっています。炎症を避けるには、脱毛した部位の保湿が非常に大切です。
施術直後はもちろんのこと、翌日も保湿に努め、潤いを与えるようにしましょう。

保湿には普段のクリームやローションを塗ってもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液なら効果が倍増します。特に化粧水の後にミルクローションを塗るのがおすすめです。

以上、足脱毛についての情報を具体的に紹介してきました。いかがだったでしょうか?

何度も書いてきましたが、ムダ毛の自己処理は肌の状態を悪化させます。
美肌をキープするためにも、自分に合った脱毛サロンや医療クリニックを見つけて施術してもらいましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い腕脱毛サロン@所沢

【2019版】腕脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@所沢

所沢で腕脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ所沢

所沢にあるミュゼの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-4 マスダ写真館ビル5F

所沢のミュゼのイメージ

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


シースリー所沢

所沢にあるシースリーの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市くすのき台3-1-13 烏山ビル5F
西武線『所沢駅』

所沢のシースリーのイメージ

シースリー所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック<所沢

所沢にあるジェイエステティックの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-2 プロペ所沢ビルII 3F

所沢のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

腕脱毛をする前に知っておきたい9つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.サロンとクリニックの平均料金は一体いくらくらいなのか?
3.現在、脱毛方法はどうなっているのか?
4.完了までの回数・期間は?
5.サロンとクリニックの違いって何?
6.月額プランがベスト
7.「通い放題」を選ぶのが正解
8.施術を早く完了させるために
9.推薦したいサロンとクリニック

1.サロン選びの際の注意点!

サロンやクリニックで脱毛してもらうことには、思った以上の長所があります。

第一の長所は、もちろん美しいツルツルの肌が得られること。

「そんなのサロンやクリニックじゃなくても、自己処理で十分では?」と思われるかも知れません。しかし、毛抜きやカミソリで抜いたり剃ったりするとどうしても仕上がりが荒っぽくなります。特に毛が太い人など、毛穴がブツブツと目立つことになりがちです。

プロの手で施術を受けるとその仕上がりがまるっきり違います。毛穴も目立たず、驚くほど美しくなるので、半袖で歩いていても他人の目が気になりません。
むしろ、かえって腕を見せびらかしたくなるでしょう。

そして次の長所は、自由な時間が増える、ということ。

どういう意味かというと、脱毛を終了させるとムダ毛は生えてきません。そうすると、今までその処理に当ててきた時間が余るので、その分を自由に費やせる、ということです。

「その代り、わざわざクリニックやサロンに通わなければならないのでは?」という反論もあるでしょうが、施術に行くのは2ヶ月に1度程度です。しかも施術のときはただ受け身でいればいいので、それほど負担になりません。その手間だけでムダ毛の悩みが解消されるのですから、施術の価値は高いと言えます。

また見逃してはならないのは、自己処理に伴う肌トラブルの可能性をなくせる、という点。
若々しい肌を保つ上でも、プロの手による脱毛には大きな意義があります。

2.サロンとクリニックの平均料金は一体いくらくらいなのか?

脱毛に通うかどうか迷っている時に、まず考えてしまうのはその費用でしょう。

サロンやクリニックの公式ホームページで腕脱毛の料金を調べ、その平均を出してみたところ、サロンの場合は——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックの場合は——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という額になりました。

こうして計算するとサロンで脱毛してもらった方がずっとリーズナブルなわけですが、クリニックもムダにこれほど高い施術費を取っているわけではありません。やはりそれだけの良さはあります。

サロンとクリニックの差については後のセクションで説明しているので、それを参考にして下さい。

3.現在、脱毛方法はどうなっているのか?

脱毛は「文明の誕生とともに始まった」と言われるほど古いもので、その方法も色々な変遷を経てきました。

戦後、日本で一般化したのは「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)と呼ばれるものです。
これはひとつひとつの毛穴にプローブという針を刺して電気を通すという方法。

毛根からの発毛を抑制するという点で効果的なのですが、なにしろ針を使うわけですから相当な痛みがあります。かなり時間がかかることもあって今では廃れてしまい、クリニックの一部でおこなわれているだけです。

現在最も普及しているのは、レーザー系の光を照射する方法。光を熱エネルギーに変えて毛根にダメージを与え、ムダ毛が生えるのを防ぐわけです。

サロンでは、施術方法として「フラッシュ脱毛」が主流となっています。IPL(インテンスパルスライト)という光を肌に当て、黒いメラニン色素を含んだ皮脂腺開口部、毛母細胞、毛乳頭などに損傷を及ぼします。

IPLはパワーが弱く、施術完了までに相当な時間がかかります。ただ、その分施術費も安く、痛みも軽い、というメリットがあります。

一方、医療クリニックでメインとなっているのはレーザー脱毛。
それぞれ波長の違うダイオード、アレキサンドラライト、YAGといったレーザー光を照射しますが、いずれもIPLとは比較にならない威力で、毛根組織を完全に破壊します。

したがって痛みも激しくなりますが、脱毛が短い日数で終わるのが大きな長所です。

4.完了までの回数・期間は?

腕脱毛が完了するまでの照射の回数と期間は次の通りです——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

いかがでしょう? 「予想以上に回数が多くて、期間も長い」と感じられるかも知れません。

どうしてこれほどになるかというと、毛には一本ごとに成長のサイクルがあり、その中の成長期にしか施術の効果が上がらないためです。

こうして施術の時期が制限されるため、完了までにはどうしても時間がかかってしまいます。

5.サロンとクリニックの違いって何?

サロンとクリニックはどのように違うのでしょうか?

2つの違いを箇条書きで示すと——

脱毛サロン

・フラッシュ脱毛で施術
・抑毛、減毛効果が得られる
・施術の費用は安い

医療クリニック

・レーザー脱毛がメイン
・永久脱毛が可能
・サロンより料金が高め

となります。

さらに細かい点を述べると、クリニックの方がパーツによっては安い場合があったり、クリニックの施術担当者は必ず医師免許保持者、といった違いもあります。

こららを考慮すると、料金は高いけれど永久脱毛が可能なクリニックの方がいいような気がします。

ただ、全国に分院を設けている脱毛専門クリニックというのは少なく、もし近くにクリニックがない場合はサロンとしか契約できません。

でも落胆する必要はありません。
サロンには脱毛が完了した後で再びムダ毛が生えてくれば、いつまでも施術が可能なプランを用意している店もあります。

また毛の濃さがそれほどでもない人ならサロンでも十分な脱毛効果が得られるので、わざわざ高い費用を払ってクリニックにすることもないのです。

どちらにするかは、費用と毛質のバランスを考えて決めましょう。

6.月額プランがベスト

腕は照射する面積が大きく、脱毛終了まで時間がかかりがちです。

また「毛が太い」「量が多い」といった個人の体質によって、予定の回数をオーバーすることもあります。

というわけで、回数制のプランを選んでしまうと施術を追加するハメになり、予定以上の金額が必要となることも珍しくないようです。

「施術回数が多くなるかも……」という人は、最初から月額制のプランを契約した方がいいでしょう。回数制より値段が張るためイヤだと思うかもしれませんが、結果的に月額制で助かった、という人が多いのです。

幸い、完全月額制の店も増えています。ぜひそれらのサロンでお得に施術を受けましょう。

7.「通い放題」を選ぶのが正解

脱毛が完了するまで、サロンなら平均12回以上、クリニックなら平均5回の施術を受けなければなりません。

完了するまでにはずいぶんと日数がかかるのですが、では「脱毛が完了したら安心か」というと、そうともいえません。

まずサロンで施術を受けた場合、フラッシュ脱毛は毛根全体を破壊するのではなく、あくまで発毛機能を弱体化するだけです。

そのためしばらく時間が経つと、ムダ毛が復活することがあります。

一方、クリニックのレーザー脱毛は「永久脱毛」。
「永久にムダ毛は生えてこない」と思い込んでしまいますが、実はそうではないのです。

この”永久”は「施術完了から1ヶ月経過しても、毛の再生率は20%以下」という意味にすぎません。つまり「ムダ毛再生の確率が低い」というだけで、一生ツルツルのまま、と保証しているわけではないのです。

ということで、できれば毛が再生したケースに備えて、脱毛完了後も再び施術可能なプランを選ぶべきです。

その点で唯一のチョイスは「通い放題」。これなら店や医院がなくならない限り、半永久的に脱毛に通うことができます。

ずっとツルツルの状態を維持するためにも、通い放題のプランにしましょう。

8.施術を早く完了させるために

早く施術を完了させるために、以下の点に気をつけましょう。

サロンやクリニックは、予約が取りやすいところにする

施術を受けるサロンやクリニックを選ぶ際、「予約が入れやすいか」ということは想像以上に重要です。

脱毛は「成長期」の毛に施されるのですが、予約が取れない場合、その期を逸することがあります。
そうなると、完了が数ヶ月もずれこむかもしれません。

行きやすいクリニックやサロンにする

クリニックやサロンが行きにくい場所にあると、つい施術をサボってしまいます。

施術は続けることで効果が出ます。契約するなら必ず行きやすいサロンやクリニックにしましょう。

生活を健康的にする

普段からなるべく生活を健康的にするのも、脱毛には重要なことです。

「脱毛と健康にどんな関わりが?」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、脱毛の施術というのは悪い体調の時はできません(例えば肌の乾燥がひどいと施術を断られます)。

「適度な運動」「栄養のバランスのよい食事」「たっぷりの睡眠」の3つに気をつけ、より早く脱毛を終わらせましょう。

9.推薦したいサロンとクリニック

腕脱毛で人気の高いサロンとクリニックを、それぞれ3つずつあげてみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

「すぐに脱毛効果が実感できる」「予約が入れやすくて早く完了できる」「施術がスピーディ」など、銀座カラーは口コミの評価の高いサロンです。

何と言ってもすごいのは、単独パーツの通い放題プランがあること。

全身脱毛コースならともかく、腕だけでも通い放題プランが用意されているのはおそらく銀座カラーだけでしょう。

また「祝割(誕生日・成人・結婚)」「のりかえ割」「学割」など、多くのディスカウントがあり、大変お安く脱毛できます。

レイビス

レイビスは「TOKYO BDC」という名前で知られてきたサロン。業界の老舗として四半世紀に及ぶ歴史を持っています。

ここでオススメしたいのは「腕全部セット 脱毛し放題」というプラン。
「ヒジ下」「ヒジ上」「ヒジ」「手甲指」の4部位を無制限に施術できます。

また完全月額制ということで、通えば通うほど安価になるところも助かります。

ミュゼ

ミュゼは満足度、店舗数、顧客数、売上がいずれも業界第一位。顧客数などは334万人を越えています。

ここの最大の特徴は、公式アプリをダウンロードすれば割引があること。

それも4回以上の全コースが50%引きになるという大胆なディスカウントです。

例えば、フリーセレクト美容脱毛(Lパーツ)というコースなど、48,000円が24,000円になるのですからビックリです。これで、両ひじ上と両ひじ下を4回ずつ脱毛できます。

またイタリアのDEKA社のSSC脱毛機を導入していて、施術中、痛みをほとんど感じずにすむところも助かります。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

こちらは顧客の8割が利用しているという「し放題コース」が何と言ってもオススメ。
クリニックとしては滅多に見られない通い放題プランです。

湘南美容クリニック

テレビでやたらにCMを流しているので、「名前は知っている」という方も多いでしょう。分院が多いので、地方に住んでいる人も通いやすくなっています。

リゼクリニック

腕セットが設けられていて、腕脱毛希望者にとっては重宝します。

また脱毛完了後も通常の50%引きで施術できるため、ムダ毛が再生した場合などに便利です。

以上腕脱毛について、費用、脱毛方法、オススメのサロン・クリニックなどを紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、腕脱毛をしてみて下さい。
施術に通い続けるうちに自己処理も必要なくなり、肌のコンディションも改善されていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い顔脱毛サロン@所沢

おすすめの顔脱毛サロン@所沢

【2019版】顔脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@所沢

kao

所沢で顔脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステティック<所沢

所沢にあるジェイエステティックの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-2 プロペ所沢ビルII 3F

所沢のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


ミュゼ所沢

所沢にあるミュゼの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-4 マスダ写真館ビル5F

所沢のミュゼのイメージ

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


シースリー所沢

所沢にあるシースリーの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市くすのき台3-1-13 烏山ビル5F
西武線『所沢駅』

所沢のシースリーのイメージ

シースリー所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC所沢

所沢にあるエステティックTBCの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町10-18 マコトヤビル2F

所沢のTBCのイメージ

エステティックTBC所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


エピレ所沢

所沢にあるエピレの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-6 日吉町HAビル3F

所沢のエピレのイメージ

エピレ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

エピレ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

顔脱毛をする前に知っておきたい9つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.施術できる箇所は各サロンによってバラバラ
3.顔脱毛の料金は平均するといくらぐらいなのか
4.初心者に最適な「お試しコース」
5.どのサロンがオススメなのか?
6.脱毛は歯の治療中でも可能?
7.ニキビができると施術不可?
8.脱毛でシミやそばかすができる可能性は?
9.サロンへ施術に行く時は、メイクしていていいの?

1.サロン選びの際の注意点!

サロン選び
顔脱毛の情報を紹介する前に、まず現在の脱毛がどのように行われているか、簡潔に述べておきましょう。

かつての脱毛の施術というのは、プローブという名の電気針によってムダ毛の毛根を処理していく「美容電気脱毛」が一般的でした。

これは脱毛効果においては現在でもベストと言われていますが、何しろ毛穴に針を突き刺していくわけですから結構な痛みを伴います。この方法のせいで、「脱毛は痛い」という印象が一般に流布してしまいました。

やがて「時間がかかりすぎる」ということもあってこの方法は廃れていき、今ではレーザー系の光を肌に照射するという、はるかに効率的な方法がメインとなっています。

サロンで使われている光(フラッシュ)は「インテンスパルスライト(IPL)」が最もポピュラーです。

このフラッシュは肌を素通りし、黒いメラニン色素を含む毛根部分で熱エネルギーに変化。毛母細胞や毛乳頭といった発毛を促進する組織に大きな損傷を与えます。

もともとIPLは肌トラブルの治療用にエステで使われていた光。脱毛用に改造された後でもシミやくすみなどのケアに有効なので、施術しているうちに肌の状態も改善されてきます。

最近では、IPLのほかにもSHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法などの方式が導入され、施術方法も広がりをみせてきました。

それぞれの方式には特徴があるので、その詳細を知った上で施術するのがいいでしょう。

2.施術できる箇所は各サロンによってバラバラ

施術できる箇所
顔脱毛で注意が必要な点のひとつは、施術可能な部位が各サロンによって異なる、ということ。

脱毛業界のアンケートによれば、利用者が1番施術したいところは、眉間、鼻の下、アゴということですが、これらの箇所も脱毛可能かどうかはサロン次第です。

たとえば、有名サロンを取ってみても——

ミュゼ……鼻下、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

ジェイエステ……目元、頬、鼻下、口周り、顎、フェイスライン

と、施術可能箇所は店によってバラバラになっています。

ということで、「顔脱毛もオーケー」と広告などに書かれていたとしても、こちらの希望する部位を本当に脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

せっかく店まで足を運んだのに「そこは施術できません」と言われると交通費と時間のムダですので、施術できる部位については事前に調べておきましょう。

3.顔脱毛の料金は平均するといくらぐらいなのか

顔脱毛の料金
「顔脱毛の料金っていくらぐらいなの?……」

その疑問がネックとなり、脱毛に踏み出すのにちゅうちょしている女性もいることでしょう。

有名サロン20社のデータから平均の料金を算出すると、「41,033円」ということです。

この金額が果たして高いのか安いのか——。その判断は、脱毛をどれだけ望んでいるかによって異なるでしょう。

ちなみに顔脱毛ができるのはサロンに限りません。医療クリニックでも施術が受けられます。

こちらも平均料金を算出してみたところ「131,325円」となりました。

つまり、医療クリニックに通うとサロンの3倍以上の料金がかかってしまうわけです。

さすがに13万円超となると「ちょっと高いなあ……」と感じる方がいるかもしれません。

ただクリニックでの施術にはメリットもあって、ムダ毛がずっと生えてこない「永久脱毛」ができます。これはほとんどのサロンではやれない技術です。

サロンかクリニックか、迷う人もいるでしょう。
効果と料金をじっくりと考慮し、自分の目的に合った方にして下さい。

4.初心者に最適な「お試しコース」

お試しコース
最近はサロンが色々な格安プランをアピールしていますが、初心者にオススメしたいのは何と言っても「お試しコース」です。

これによってそのサロンの接客態度、技術、サービスなどをチェックし、その後で正規プランを選ぶのがベスト。

なお、コースの申し込みは、直接店に電話するよりネット経由で行いましょう。
まず気になるサロンのサイトを開き、料金や条件を細かく調べた上で手続きします。

その後は、申し込み時に予約した日にサロンに出かけます。

この時、必ず受けなければならないのはスタッフによるカウンセリングです。この料金は大抵のサロンで無料となっています。

内容は、こちらの希望条件や部位の聞き取り、いくつかのプランの説明、そして脱毛についてのガイダンスなど。ちょうどよい機会ですから、

「どれくらいの期間で脱毛は完了するのか?」
「導入されている光脱毛器の種類は?」
「ここで永久脱毛はできるのか?」

など、具体的に訊ねてみましょう。

初日についてはカウンセリングだけで終了。施術は後日、予約した上で受けることになります。

施術の際は——

・接客態度は丁寧か?
・施術中、痛みはあるか? あるとしたらその程度は?
・術後の保湿ケアはキッチリなされているか?

などのポイントをチェックしましょう。

これで印象が良ければ、そのまま正規のプランを契約すればいいですし、あまりよい印象を持てなかったらそのまま終了。後者の場合は他の店をチェックし、再び「お試し」を体験することになります。

最近は脱毛ブームでサロンの数が急増していますから、自分好みの店に必ず出会えるはずです。

5.どのサロンがオススメなのか?

オススメサロン
顔脱毛で評判の良いサロンを2つ紹介します。

まずは、板野友美、渡辺直美、ぺこ&りゅうちぇるなどが登場するCMで有名な「キレイモ」。

キレイモの顔脱毛のメリットは、他のサロンよりも施術できる部位が多い点。他店で脱毛したものの満足が得られず、わざわざキレイモで施術し直す女性までいます。

続いてのオススメは、「ジェイエステティック」。

ここで一番ポピュラーなのは「フェイス6」というプラン。料金が1回あたりわずか2,500円というのですからビックリです。「なるべく安価に顔脱毛したい」という女性には最適。

またヒアルロン酸のジェルを導入しているため、施術のせいで乾燥しがちな肌をしっかりと守ってくれます。

「サロンが多すぎて、どの店を選べばいいのか分からない……」という人は、ぜひこの2つをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本となる情報をお届けしました。

これ以降は、脱毛に関する細かい疑問点や、施術で気をつけるべきポイントを紹介していきましょう。

6.脱毛は歯の治療中でも可能?

歯の治療中
脱毛というのは毛周期との関わりもあって意外と時間がかかります。サロン通いを数ヶ月続けるのも当たり前なので、その間に歯の治療をしてもらう人もいるでしょう。

時には、脱毛と歯の治療を日を空けずに行なうこともあるかもしれません。
施術では特殊な光を照射するわけですから、何か問題はないのか気になってしまいます。

実際に店側に訊ねてみたところ、「通常の歯の治療なら問題ない」とのこと。

ただ、用心しなければならないのは、歯医者で処方される痛み止めについてです。

脱毛の施術中、ごくまれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こる人がいます。これは光の照射のせいで、かゆみ、むくみ、あるいは水ぶくれが生じる過敏反応のこと。

実は、痛み止めにはこの症状を引き起こす成分が配合されていることがあり、うっかり摂取してしまうと施術ができません。

過敏症を回避するためにも、痛み止めを飲んだら施術する前に申告するようにして下さい。

ちなみに施術の影響で、虫歯の痛みが激しくなることもあります。それを避けたい人は、口付近の施術は後回しにしましょう。

また、歯を矯正をしている場合、矯正器具に光が反応してしまうケースもあります。これも口付近の施術は避けた方が無難です。

ただ、プラスチックやセラミック製の器具だと、問題なく施術が可能です。

このように施術の条件というのは様々なので、必ずスタッフのアドバイスを受けて脱毛して下さい。

7.ニキビができると施術不可?

ニキビができる
脱毛の施術というのは、それによって体調に変化が現れることもあるので、受ける時の条件が色々と定められています。

たとえば肌が乾燥している場合は施術はできなくなりますし、意外なことにムダ毛が伸びすぎていても施術不可です。

ではニキビができていた場合はどうでしょうか?

調べてみると、大抵のサロンで施術可能でした。

というのも、光脱毛器で照射されるIPLという特殊な光は、毛根組織にダメージを与えるだけで、ニキビには反応しません。施術しても問題はないのです。

ただ炎症の具合がひどい場合は、IPLを当てることで症状に何らかの影響を与えることがあります。施術するかどうかは、炎症具合を見て決めて下さい。

8.脱毛でシミやそばかすができる可能性は?

シミやそばかすができる
現在、サロンやクリニックでは、メラニン色素に反応する光で施術を行います。

「そんな光を肌に照射したら、紫外線のように色素沈着が起こるのでは?」と不安になる人がいるかもしれません。

確かに肌トラブルの大きな原因のひとつは、紫外線による日焼けです。
サロンで使われるIPLという光も強いエネルギーを持っているので、太陽と同じ様に肌に悪いのでは、と誤解しがちです。

しかし上述したように、光脱毛機は美肌ケアのために使用されてきた歴史があります。肌に対してダメージを及ぼすものではありません。

「でも『顔脱毛のせいで、シミができた』という口コミがネットに投稿されているけど?」と反論する人がいるかもしれません。

この現象については、2つの理由があげられます。

まず、肌の奥深く潜んでいたシミ予備軍が、ターンオーバーのせいで表に出てきた、というもの。

施術にともなって新陳代謝が進み、潜んでいたシミが肌に出てくることは珍しくありません。

ただ、ほとんどのシミはターンオーバーがさらに進むと消滅してしまいます。

あと施術によって潤いが足りなくなった肌に小さな傷がつき、それが痕になる場合。これをシミだと勘違いする人がいます。

こんな事を避けるためには、保湿ケアが欠かせません。
施術後はしっかりと肌に潤いを与えましょう。

ともかく、脱毛のせいでこれらの傷やシミができるわけではありません。安心して施術を受けて下さい。

9.サロンへ施術に行く時は、メイクしていていいの?

メイクについて
脱毛未経験の女性にとって、疑問を覚えることのひとつは、

「サロンに出かける時、メイクをしていていいのか?」

ということ——。

素顔でも平気で外出可能な10代の学生ならともかく、いつもメイクが欠かせない女性にとって、「サロンに着くまでスッピンでいろ」というのは結構キツいことです。

先に結論を言うと、メイクをしてサロンに出かけても大丈夫です。

というのも、サロンには専用ブースがあって施術前に化粧を落とせますし、店によってはスタッフがメイクをオフしてくれるからです。

ただ、いくらそれらの設備やサービスがあるといっても、あまりに濃いメイクをしていくと、それを落とすだけで時間がムダになります。

いつもよりも化粧は控え、時間に余裕を持って施術してもらいましょう。

以上、顔脱毛の詳細や、オススメのサロンについて書いてきました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの知識を参考に、自分に合ったサロンを見つけて下さい。顔脱毛をおこなうことで、肌の状態も改善されていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い脇脱毛サロン@所沢

おすすめの脇脱毛サロン所沢

【2019版】脇脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@所沢

所沢で脇脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ所沢

所沢にあるミュゼの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-4 マスダ写真館ビル5F

所沢のミュゼのイメージ

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック<所沢

所沢にあるジェイエステティックの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-2 プロペ所沢ビルII 3F

所沢のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック<所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


シースリー所沢

所沢にあるシースリーの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市くすのき台3-1-13 烏山ビル5F
西武線『所沢駅』

所沢のシースリーのイメージ

シースリー所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

エピレ所沢

所沢にあるエピレの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町8-6 日吉町HAビル3F

所沢のエピレのイメージ

エピレ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

エピレ所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC所沢

所沢にあるエステティックTBCの店舗情報

所沢店 埼玉県所沢市日吉町10-18 マコトヤビル2F

所沢のTBCのイメージ

エステティックTBC所沢店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC所沢店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

脇脱毛をする前に知っておきたい8つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.「脱毛」ってどういうもの?
3.ワキ脱毛の施術回数、値段、痛みの程度について
4.ワキ脱毛で失敗しないためには?
5.脱毛サロンと医療クリニックの差はどんなところにある?
6.ワキ脱毛はなぜ料金が安いのか?
7.脱毛完了後、効果に満足できない場合はどうすればいい?
8.脱毛するとワキ汗が増えるの?

1.サロン選びの際の注意点!

夏になると女性にとって悩みとなるのが、様々な部位のムダ毛です。
特にノースリーブの着用時にワキ毛が生えていると、腕を上げた時に人の視線が集まることになります。

恥ずかしい思いをしないためにも普段からの処理が大切なのですが、毎日行うとなると結構面倒なものです。

おまけにそれらの自己処理には肌トラブルがつきもの。カミソリや毛抜きを使っていると、埋もれ毛、黒ずみ(色素沈着)などが起こりやすくなり、かえってワキの状態も悪くなってしまいます。

あまりの面倒さに、

「いっそのこと脱毛してもらおうか……」

そんな考えが頭をよぎる女性も多いでしょう。でも経験のない人にとって、サロンに通うというのは結構ハードルが高いものです。

「どれくらいの期間、サロンに通うの?」
「完了までの施術の回数は?」
「痛みがひどいって聞いたけど……」
「料金は全部でいくらかかる?」

これらの疑問のせいで踏ん切りがつかず、結局はサロンに行かぬまま自己処理を続けている、という女性も少なくありません。

そこで、このページではワキ脱毛の料金や効果について詳しく紹介し、初心者の疑問を解決してみることにしました。

以下の情報が、脱毛を考えている女性の一助になれば、と思います。

2.「脱毛」ってどういうもの?

ワキ脱毛の情報を述べていく前に、「脱毛とはそもそもどういうものか?」ということを簡単に説明しましょう。

「脱毛」というと、電気の通った特殊な針でムダ毛を1本1本抜いていく、というイメージを持つ人がいるかもしれません。しかしそれは誤解で、施術においてターゲットとなるのは、皮膚の表面に伸びているムダ毛そのものではないのです。

ではどこにアプローチするかというと、皮膚の奥の毛根部分

具体的に施術の方法を説明すると、IPLやレーザーといった特殊な光を肌に照射し、毛根部分に強いダメージを与えていきます。

これらの光はメラニン色素にだけ反応する特徴を持っています。ムダ毛部分に当てると、奥に隠れている毛根部分で熱エネルギーへと変わり、毛乳頭、毛母細胞といった発毛を促す組織に大きなダメージを与えます。このことで発毛を阻害し、ムダ毛を処理するわけです。

この光を使う方法は、脱毛の歴史の上で画期的なものでした。手間と時間が節約できるために料金は安くなり、脱毛人口はどっと増加。
最近では顔、脚といったお馴染みの部位はもちろん、VIOなどの特殊な脱毛も気楽に行われるようになっています。

その中でもワキはトップを争う人気部位。やはり、夏になると肌を露出する機会が増えるため、「ムダ毛を処理するならまずワキから」と考えている女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集まっているために、汗の量が多い部位でもあります。汚れや老廃物が他の部位よりも蓄積しやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)といった病気、症状も生じやすいと言われています。

見栄えの良いワキ肌を保ちたいなら、ムダ毛を一刻も早く脱毛し、肌によくないカミソリなどの自己処理はやめてしまうのが無難です。

3.ワキ脱毛の施術回数、値段、痛みの程度について

ワキ脱毛のメリットがお分かり頂けたでしょうか?

中には居ても立ってもいられなくなり、「すぐにサロンに通いたい」という人もいるかもしれません。

ただ、実際に施術してもらうとなると、以下のような点が気になると思います——

・施術回数はどれくらいなのか?
・料金はいくらかかるのか?
・施術時の痛みはあるのか?

これらの点について、順番に述べていきましょう。

まず施術回数。脱毛というのは、1回や2回の施術では効果がありません。ムダ毛が生えないようにするには毛周期の関係もあり、長い時間が必要となります。

特にワキは太い毛が集中的に生えている厄介な部位。
また毛根が深い場所なので、他の部位に比べて施術が大変だと言われています。

もちろん毛の質などによって差が出るのですが、脱毛が終わるまで12回から18回はかかる、と見ておいた方がいいでしょう。

続いて値段について。

これについてはサロンによって相当な違いがあるようです。たとえば、お金持ちの顧客が多い老舗の高級サロンの中には、少しの施術で高額な料金をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛については全般に値段は安めで、初心者向けのコースが多くなっています。

「その中でも特に格安の店は?」と思ってネットでチェックしてみると、ぜひおすすめしたい店がありました。

それは全国展開をしている有名サロン「ミュゼ」です。広告などで知っている人もいるでしょう。

オススメしたいのは特に人気のある「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金がたった100円なのですから驚きです。

こんな破格値で施術してくれるところはミュゼ以外には見つかりません。脱毛初心者にはピッタリと言えます。

さらにミュゼのメリットは、安さだけではありません。

実は、サロンでのフラッシュ脱毛というのは毛根部分が高熱に包まれるため、どうしても痛みが生じます。ミュゼはそれが軽微になるように工夫を凝らしているのです。

具体的に述べると、他のサロンのほとんどがIPL方式の脱毛機を使っているのに対し、ミュゼは新しいSSC方式の機器を採用しています。

IPL方式ではキセノンランプを用い、インテンスパルスライトを肌に当てます。

一方、SSC方式で使われているのはクリプトンライト。

キセノンランプは光を照射するだけで効果を上げられるのですが、クリプトンライトの場合、光だけでは脱毛できません。

ではどうやるのかというと、専用のジェルを肌に塗ります。

その上でジェル部分にクリプトンライトを当てると毛根が損傷を受け、発毛が抑えられるのです。

SSC方式の最大のメリットは、光のパワーが強くなくても脱毛効果があがる、という点。ジェルとの組み合わせで毛根にダメージを与えるため、高熱にする必要がありません。したがって痛みも軽減されるわけです。

「痛みが苦手なので脱毛はしない」という女性もいるようですが、ミュゼのSSC方式なら大丈夫です。

4.ワキ脱毛で失敗しないためには?

「格安で痛みがないため、ミュゼがおすすめ」と書きましたが、近所に店舗そのものがない場合もあります。そんな時は、他のサロンに通わなければなりません。

ただ、今は脱毛ブームのせいで新規サロンが急激に増え、以前よりもサロンの数が多くなっています。
あまりに店舗が多すぎて、初心者はどこにすればいいのか判断に迷うでしょう。

また、様々なサロンが目を引くキャンペーンを行っているのですが、これもプランがややこしく、どれが安いのかよく分かりません。

そこでサロンと契約する際、注意すべき点を3つほどあげてみます。

施術可能回数が極端に少ないプランは避ける

まだまだ脱毛について知識の乏しい人が多く、たとえば1回施術するだけでその部位の毛は一生生えてこない、と勘違いしている方がいるようです。

もちろんこれは間違っていて、1、2度程度の施術では、発毛を防ぐことなどできません。
確かに施術してから10日〜1ヶ月経つと無毛状態にはなりますが、さらに時間が経過するとムダ毛がまた生えてきてしまいます。

毛を根絶やしにするには、数ヶ月〜数年、IPLやレーザーといった光を当て続けなければなりません。

しかもワキのようにムダ毛が密集している部位は、12回から18回の施術が欠かせないのです。

というわけで、施術回数があまりに少ないプランを契約してしまうと、「結局は追加施術」ということになります。
そうなると高いプラン以上の金額が必要になるでしょう。

リーズナブルに脱毛するためには、安価なプランは無視し、何度でも施術可能なコースを選ぶようにして下さい。

契約前に返金制度や施術期限をチェック

ワキ脱毛を開始したら、最低3年間はサロンに通い続けなければなりません。

しかしサロンと契約したものの、「スタッフが不親切」などの理由で、契約を打ち切りたい場合もあるでしょう。

契約を中途で解約しようとすると、当然ながらサロンの方ではイヤな顔をします。まだ通い始めたばかりなのに、返金がほんのわずか、という店もあるようです。

トラブルにならないためにも、中途解約する可能性のある人は契約前に解約条件について聞いておきましょう。

また店によっては、契約日から一定の日数が過ぎると施術そのものができなくなる、というところもあります。その点も事前に調べておくべきです。

いずれにしても「ワキ脱毛は長い時間がかかる」ということを忘れず、できるだけ回数や施術期間に制限のないサロンを選びましょう。

施術後のケアを行ってくれるか?

ワキのケアはムダ毛処理だけでは十分とはいえません。

人に見られても問題がないようにするには、黒ずみなども改善したいものです。
そのためには肌の潤いをしっかりと保つ必要があります。

上述したように施術中の毛根は高熱に包まれるため、その周辺の毛穴や肌は乾燥しがちです。

脱毛サロンにはそれにキチンと対処し、施術後の保湿サービスを行っているところもあります。

こうした店なら美肌ケアも期待できますから、一挙両得です。

5.脱毛サロンと医療クリニックの差はどんなところにある?

ワキ脱毛はサロン以外に、医療クリニックでも行われています。

では脱毛サロンと医療クリニックでは、どんな違いがあるのでしょうか?

現在、脱毛サロンで施術のメインとなっているのは、光(フラッシュ)脱毛という方法。そして医療クリニックでは、レーザー脱毛が主流になっています。

両方とも脱毛の原理そのものは変わりません。
メラニン色素に反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー)を肌に照射し、毛根にダメージを与えるというものです。

ではどんな違いがあるのかというと、毛根部分に損傷を与えるパワー。

レーザー光の威力は強烈で、サロンのIPLとは比べ物になりません。毛根の組織は徹底的に破壊されてしまうため、いわゆる「永久脱毛」も可能になっています。

また脱毛完了までの期間も短く、フラッシュ脱毛は10回以上の施術が必要ですが、レーザー脱毛の場合は数回で終わってしまいます。

もし「なるべく短い期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛をしてもらった方がいいでしょう。

6.ワキ脱毛はなぜ料金が安いのか?

ワキ脱毛というのは他の部位より料金が格安です。
そのせいもあって、最初の脱毛箇所としてワキを選ぶ初心者が多いようです。

では、なぜワキ脱毛の料金は安いのでしょう?

まず考えられる理由としては「ワキが元々狭い部位だ」ということ。

サロンでは面積に応じて料金を決めることが多く、その点でワキは安価なパーツなのです。

そして第2に考えられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者は最初にワキ脱毛を選ぶため、「その料金を抑えることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしてもワキは手軽な部位。
サロンの技術もすぐ分かるので、まずワキから脱毛を始めるのが無難でしょう。

7.脱毛完了後、効果に満足できない場合はどうすればいい?

サロン通いを3年続け、ワキ脱毛がやっと完了。でも、その結果に満足できない——。

そんな時、そのまま施術を続けることももちろん可能ですが、追加料金が馬鹿になりません。

そんな事態を避けるためにも、最初の契約時に12回以上のプランを選びましょう。

また、他店に乗り換えてもいいのですが、その場合は最初のカウンセリングからやり直さなければならないため、時間と手間がムダになります。

とにかく施術期間、及び回数に余裕を見ておくことが大事。

できるなら「施術回数が無制限」のサロンを選んで下さい。

8.脱毛するとワキ汗が増えるの?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、言及しておきましょう。

実はネットでワキ脱毛について検索すると「脱毛後、ワキ汗の量が増えた」という口コミが結構投稿されています。

こんなこと、実際にあるのでしょうか?

答えを先にいいましょう。こんな現象はありえません。

ただ、「ワキ汗がひどくなった」と勘違いしてしまう人は結構いるようです。

ネットでチェックしてみると、その理由は——

「ワキ毛がなくなったために、それまでせき止められていた汗が肌を流れるようになり、汗の量が増えたと勘違いする」

ということのようです。

つまり単に感覚の問題にすぎません。汗の量が増えたわけではないのです。

しばらくすると汗が流れるのにも慣れてしまい、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、色々な観点から、ワキ脱毛の情報、サロンの選び方について紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考にしながら、自分に合ったサロンを見つけて下さい。

ムダ毛が処理できればワキへの視線も平気になり、肌の状態もきっと良くなっていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

脱毛で肌がツルツル

メリット・デメリット

VIO脱毛のメリット・デメリット

最近、ハイジニーナ脱毛を行う女性が増えています。耳慣れない言葉ですが、VIO脱毛といえば「ああ、あれか」とうなずく人も多いでしょう。

「ハイジニーナ=VIO脱毛」というのは、アンダーヘアの脱毛のこと。
日本の女優・モデルさんたちが「VIO脱毛をやっています」などとメディアで発言したことから、一般に普及するようになりました。

ちなみに「ハイジニーナ」は、「hygiene」(「衛生」)から派生した造語。脱毛処理によってデリケートゾーンを清潔にする意味合いがあります。

アンダーヘアといっても種類があり、サロンでは施術の部位として以下の3つに分類しています——

・Vライン(ビキニライン)
・Iライン(大陰唇や小陰唇の周辺)
・Oライン(肛門周辺の直径6センチほどの部分)

「こんなところを処理してもらう人がいるの?」と思われるかもしれませんが、実は脱毛したい部位の第2位となっています(1位はワキ)。

それほど人気のあるVIO脱毛ですが、以下のようなメリットがあります——

・生理中のムレ・ニオイが減る
・毛先による肌のチクチクやかゆみがなくなる
・大胆な水着や下着が着用できる

また、自己処理が不要になることもメリットのひとつ。自己処理していると刺激のせいでメラニンが活性化し、肌が黒ずんでしまいます。しかし、脱毛によってその必要がなくなり、肌のコンディションが整います。

ただ、いいことばかりではありません。デメリットも存在します。

デメリットのなかで最も厄介なのは、施術中の痛みが強い、という点。ネットの口コミでは「熱い剣山で刺されるみたい」という表現をしている人もいます。デリケートゾーンと呼ばれるだけあって、痛みを感じやすいようです。

「VIO脱毛をやってみたい」という人は、以上のメリット・デメリットを考えながら、施術を受けて下さい。

所沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ