2019年 4月 の投稿一覧

メンズ脱毛サロンを上手に選ぶには?

人間は自分の魅力を高めようと、外見に気を使います。「人間は外見じゃなく中身だ」と反論したい人もいるでしょうが、やはり容貌の良し悪しで人の態度が変わってしまうのも事実。
特に美しい肌は他人の印象を良くしますから、その手入れに熱心になるのは当然のことです。

ところで、肌のケアに邪魔になるのが、ムダ毛の存在です。いくら化粧品を使っても、ムダ毛があると肌の魅力が半減してしまいます。そうならないように毛抜きやカミソリなどで処理に努めている人も多いでしょう。

しかし毛の自己処理というのは時間がかかる上、カミソリや毛抜きをずっと使っていると、その刺激で埋もれ毛や色素沈着が生じることもあります。

その悩みを解消してくれるのが、脱毛サロンや医療クリニック。昔は高額だった施術料も脱毛技術の改良によって安くなり、いまではすっかり庶民的なものになっています。

客層も徐々に若返り、女子高生が通うのも珍しくありません。
さらに「モテるために毛がボーボーの肌をキレイにしたい」という男性が増え、男性専門のサロンも次々とオープンしています。

ただ脱毛に挑戦してみたいと思っていても、男性にとってはサロンは勝手が分からないものです。

そこでこのページを作ってみました。メンズ脱毛サロンに着目し、よく用いられている脱毛技術、店舗の選び方の留意点などについて紹介していきます。脱毛にトライしたい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とはどんなもの?

光脱毛について
「脱毛」について聞かれると、「針みたいな器具を毛穴に入れて、電気を流す」という施術シーンを思い浮かべる人がいるようです。

実はこういう想像は、間違いというわけではありません。昔の脱毛士は針状の電極を毛穴に挿入するという方法で、ムダ毛の手入れをおこなっていたのです。

ここで少しだけ、脱毛の歴史を説明してみます。

紀元前から脱毛薬はあった

初期の文明時代から人類は美容への関心を抱き、ムダ毛を処理するようになりました。古代の文献によると、紀元前3000年から4000年頃の地中海沿岸や現在の中東辺りでは、硫黄や石灰を混ぜ合わせた脱毛剤を使っていたようです。

そして紀元前1500年ごろのエジプトでは、蓮の葉、カバの脂肪、油などを原料にした脱毛剤が使用され、美女の代表とされるクレオパトラも脱毛薬で毛の手入れをおこなっていました。

以後近代まで、脱毛は化粧同様、女性のたしなみであり続けましたが、その方法に関しては、毛抜やカミソリのような簡素なツールか、植物由来の薬剤を使うだけで、古代と比べてさほど進歩があるわけではありませんでした。

電極を使った脱毛が始まる

しかし、19世紀末に電気の秘められた力に注目が集まると、ようやく脱毛にも新しい方法がもたらされます。その始まりとなったのが、米国の医師チャールズ・ミッチェルが考えた「電気分解脱毛法」でした。

セントルイスの眼科医だったミッチェルは、1869年、逆さまつ毛の除去のために電極(プローブ)を用い、毛根に含まれる水酸化ナトリウムを凝固することに成功します。これによって、逆さまつ毛の産出は阻害されました。

ミッチェルがこの脱毛法の論文を1875年に発表すると、やはり電極で脱毛をおこなう医師が出てきて、「電気分解脱毛法」は新機軸の脱毛方法として普及していきます。しかし、この方法はひとつひとつの毛穴に細いプローブを挿入していくため、たいへん時間と手間が必要でした。

それでも、成功すれば一生無毛状態が保てるためにこの方法は人気となり、改良型のマシンが日本にも輸入されました。
そして「ニードル脱毛」や「美容電気脱毛」と呼ばれ、脱毛の施術で盛んに使われるようになったのです。

特殊な光線を用いた方法が登場

やがて、色々な点でこのニードル脱毛よりも優れた方法が出現します。それが光線を使った脱毛方法です。

この方法は、毛根への物理的な接触なしにムダ毛を処理する、という点が画期的でした。波長を調節された特殊な光線は、ひとつの色だけに反応する特徴を備えています。脱毛の施術においては、その光線をムダ毛に含まれるメラニン色素に吸収させます。すると光は熱エネルギーへと変わり、毛根に大きなダメージを与えるのです。

この光線を用いた脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類に大別されます。

そして多くの脱毛サロンで使われているのが、光脱毛です。

光脱毛の種類

ここでさらに光脱毛の種類について、説明してみます。

光脱毛には色々なライトが使われますが、それらのほとんどは毛の成分であるメラニン色素に吸収されます(この際、周辺の細胞は素通りしてしまいます)。

光線はメラニンへの吸収により熱エネルギーに変化。その熱が毛根の発毛器官にダメージを与え、毛が成長しなくなるわけです。毛の本数は徐々に少なくなり、施術を根気よく続けることで部位全部が完全な無毛状態に変わります。

現在、光脱毛には以下のような方式があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

それぞれの特徴をざっと述べていきましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで最もよく採用されている脱毛方法です(サロンによっては「フラッシュ脱毛」とも呼ばれています)。ライトは毛を産生する毛乳頭とその周りの細胞にダメージを及ぼし、2、3ヶ月に1度のペースで施術すると、効果が段々とあらわれてきます。

デメリットは施術時に少々痛みがあること。ただ指でちょっと叩かれるような感じで、別にひどい痛みではありません。

続いてSSC方式。この方式の特色は射出されるライトにあります。IPL方式の場合はキセノンランプを用い、IPL(インテンスパルスライト)という光を照射します。一方、SSC方式では、クリプトンライトという光線を使います。

インテンスパルスライトだと、光線だけで施術することができますが、クリプトンライトは単独では普通の光と同じです。

では、どうやって毛根に損傷を与えるのかというと、まず皮膚に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを照射すると毛根が弱体化し、毛の成長が止まるのです。

SSC方式の最大のメリットは、ライトの照射パワーが低くても大丈夫、というところ。ジェルとの併用で脱毛するので、高熱の光線でなくても問題ありません。したがってIPL方式に比べるとさらに痛みが軽微です。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。この2つは新発想による脱毛方法です。両方ともバルジ領域という毛根の一部をターゲットにするところが、それまでの方法と異なっています。

特にハイパースキン法は、光線の温度がとりわけ低いため、施術時の痛みがありません。ですから、痛みに敏感な人でも脱毛できます。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛の違いについて
上で述べた通り、大部分のサロンでは光脱毛による施術がおこなわれています。

それに対し、医療クリニックで使われているのは「レーザー脱毛」という方法です。これらはどんな点が異なるのでしょうか?

レーザー脱毛は、レーザー光線を用いた脱毛方法です。もともとレーザーは、ひとつの色に吸収される特性を備えています。つまり、ターゲットとするモノに色がついているなら、波長調整によってピンポイント的に損傷を与えられます。

そこは光脱毛とほぼ同じですが、レーザー脱毛の場合、その破壊パワーが段違いに強烈、という点が違っています。

長い波長を備えたレーザー光は、途中で拡散することなく毛根部分に到達します。
そのため発毛器官は死滅することが多く、部位は一生無毛状態になる確率が高くなります。

それだけの破壊力をもつため、器械は医師でないと操作できません。

ただレーザーは痛みが強い点がデメリット。敏感肌の人はトラブルが生じる可能性もあります。

光脱毛の長所・短所

長所

光脱毛の最大のメリットは、施術コストが安くですむことです。

もちろんプランや部位によるのですが、1回の料金が医療クリニックの半額に満たないケースもあります。

また、サロンのマシンを操作するには特別な資格はいりません。すでに説明したようにレーザー脱毛の場合は医師だけが施術できますが、サロンならスタッフの誰でも施術可能です。つまり、より多くの客を受け付けられるので、医療クリニックのように「契約したのに、予約が入れられない」という厄介な状況が避けられます。

2番目のメリットは、肌への負担がわずかで、照射時の痛みが軽微なこと。そのため、肌の敏感な人、痛みに弱い人にはピッタリです。

レーザー脱毛は光のパワーが強烈なため、痛みが避けられません。
そのため、部位によっては軽い麻酔を使うケースもありますが、光脱毛ではそんな心配は無用です。

麻酔を使うと追加料金が発生することが多いので、その点でも費用が節約できます。

そして最後のメリットですが、光脱毛には多くのプランとコースがあるため、自分の希望通りの脱毛ができます。

細かく部位を指定することも可能ですし、店舗によっては顔などのエステコースをオプションとして追加できるところもあります。

短所

光脱毛は「脱毛」とはいうものの、本当は「抑毛」「減毛」という方がよく、施術しても「部位は一生ツルツル」というわけにはいきません。

ただ毛がよみがえるにしても、本数が減少したり細くなったり、成長の速度が抑えられたりするので、施術そのものがムダにはなるわけではありません。

また光脱毛は、レーザー脱毛よりも施術にかかる期間が長くなります。

光脱毛は1度の照射程度では、あまり効果が実感できません。何ヶ月も施術し続けた結果、ようやく効果があがってきます。通常、レーザー脱毛の数倍の期間が必要です。

脱毛完了まで時間がかかりすぎると、レーザー脱毛より費用が高くなることもあるので注意しないといけません。

そしてもうひとつのデメリットに、産毛や薄い色の毛の施術が苦手、という点が挙げられます。

これらの毛は黒いメラニンの含有量がわずかなので、IPLなどの光線が反応しにくくなっています。そのため、施術を何回やっても効果が出にくいこともあります。

どこに留意してサロンを選べばいいのか?

料金のシステムに注意する

サロンは非常に店舗が多く、料金システムも多種多様です。ただ大まかにいうと、「月額制」と「ローン」の2つに分けられます。

出費を減らしたい人は「月額、定額制」を選びがちですが、施術日数が長びくとかえって料金が高くなる場合もあります。

さらに「月額制、回数無制限」というシステムを取っている店もありますが、そのお得さは回数で変わってきますし、「1回あたりの時間」も注意すべきポイントです。

たとえば施術頻度が1週間に1回で、1回10分だと仮定すると、1ヶ月あたりの施術時間は40分です。
40分でどれだけ施術できるかによって、その料金がお値打ちかどうか、判断がつきます。

また、顧客の多いサロンは予約が入れにくいので、こちらの思い通りに施術できないことが多いようです。

通い始めてからガッカリしないためにも、契約前に詳細な情報を知っておきましょう。

同じ部位でも男女によって費用の差がある

「〇〇(部位の名前)を脱毛してもらうと、いくらかかりますか?」とサロンで質問すると、「通常は〇円です」とスタッフが答えてくれると思います。ただ女性客が多い店だと、その返答にも注意が必要です。

というのも男性は女性と毛の量と質が違うため、通常よりも料金が高くなる場合が多いのです。

しっかり毛をチェックし、正確な見積もりを算出してくれる店もあるかもしれませんが、女性よりコストが高くなりがち、ということを理解しておきましょう。

「追加料金」は必要?

通常のコストのほかに、追加料金が必要なケースがあるか、あらかじめチェックしておくべきです。

例えば店によっては、オリジナルのケア商品を家庭でも使うように勧められることがあります。
その代金は最初からコース代金に含まれるのか、知っておくことが大切です。

延長料金をあらかじめ確認

契約分の施術は終わったものの、結果に不満足な場合は、追加で施術してもらえます。

その際、追加施術のコストが普通のプラン料金よりはるかに高い場合があります。
知らずに申し込むと後悔することもあるので、事前に確認した方がいいでしょう。

以上、脱毛を考えている男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を色々と紹介してみました。

現在、脱毛はちょっとしたブーム。サロンも次々にオープンし、顧客を獲得しようと一生懸命です。月替りでキャンペーンをおこなっているので、小まめに公式サイトをチェックするようにしましょう。

医療脱毛クリニックを賢く選ぶには?

「悪質な勧誘がある」
「施術に針を使うので、とんでもなく痛い」——

昔、脱毛については上記のようなイメージがつきまとっていました。しかし、行政による規制強化、そして新しい技術の開発もあって、事情は変わりました。

さらに料金に関しても大幅な値下げがおこなわれたこともあり、客層は女性だけでなく、男性にも広がっています。有名人が登場するTVコマーシャルや電車内の中吊り広告を見て、「一度脱毛にトライしたい」と思う人もいるでしょう。

脱毛するとなったら、出かけるところは2つしかありません。脱毛サロンか医療クリニックです。
カウンセリングを経て契約書を作成し、希望部位のムダ毛がキレイになくなるまで最低でも数ヶ月、通いつめることになります。

サロンの方が料金がリーズナブルなので、以前はそちらを選ぶ人が多かったのですが、最近は医療クリニックのメリットも理解されるようになり、どちらにするか困ってしまう人もいるようです。

そこで、このサイトを作ってみました。脱毛にチャレンジしたい人向けに、医療クリニックの利点・難点、施術に用いられる技術、そしてクリニックを選ぶ時のコツなどについて、詳細に解説していきたいと思います。

医療クリニックの脱毛とはどんなものか?

医療クリニックの脱毛
現在日本でプロの手による脱毛を行っているのは、サロンと医療クリニックしかありません。
どちらかを選ぶということになりますが、もしクリニックに行きたいなら、その特徴を知っておいた方がいいでしょう。

1)脱毛にレーザー光線を用いる

光を発射するマシンで施術をおこなうところはサロンもクリニックも同じ。しかし、クリニックの場合、その光がレーザー光線である点が大きな特徴です。

レーザーによる脱毛の可能性に気づいたのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ.A.パリッシュ。1983年、彼らが科学雑誌「サイエンス」に載せた論文「選択的光熱凝固理論」は、古代オリエント以来と言われる脱毛の歴史に革命を起こしました。

それまで脱毛の施術は、使い捨ての細い電極(プローブ)を用いる「ニードル脱毛」(別名「美容電気脱毛」)が主流でした。これは1875年、逆さまつ毛の除去用にチャールズ・E・ミッチェルという眼科医が考案したもので、毛包に電極を挿入し、熱によって発毛組織を凝固化します。

この方法ならいわゆる永久脱毛が可能となりますが、なにしろ毛穴のひとつひとつに手作業でプローブを入れていくために時間がかかり、それだけ料金も高くなってしまいます。
しかも電極に電気を流す時にかなりの痛みが伴うため、顧客側も相当なストレスを強いられます。

この状況をガラリと変えたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛は文字通り、レーザー光線の威力によって発毛機能を阻害する脱毛方法。レーザー光線というのは単色光、つまりひとつの波長を持った光子の集合体で、一般の光のように拡散せず、同じ方向に一直線に進みます。

重要な特徴は、光が波長に応じて一定の色だけに反応する、という点。レーザー光線は吸収されると高熱を発するため、色のついた組織や細胞に大きな損傷を与えることができます。

脱毛に利用する際は、毛に3%ほど含有されているメラニン色素に反応するよう、結晶や気体のレーザー媒質によって波長を700nmから1000nmに整えます。
これでムダ毛に当てられたレーザー光線は黒いメラニン色素に作用して熱エネルギーに変化。その熱は65度〜70度まで上昇します。

この高熱が発毛を促す組織(毛乳頭や毛母細胞)を破壊し、毛が伸びなくなるのです。

この脱毛方法の優れた点は、あくまで破壊のターゲットはメラニン色素だけであり、表皮などには直接の被害を及ぼさない、というところです。 施術自体もレーザー光線を肌に照射するだけなので、たいへん効率的。ニードル脱毛のような長い施術時間は必要ありません。

開発当時、照射可能な光線はルビーを媒質に使ったものだけでしたが、今はアレキサンドライト、ダイオード、YAGなど、様々な媒質を用いたレーザーがあり、ターゲットや毛の太さに応じて選ぶことができます。

2)永久脱毛が可能

脱毛に関してはその詳細がまだまだ一般に知られておらず、「施術を1回受けると、その部位のムダ毛は一生伸びてこない」と思い込んでいる人がいます。

しかし、毛球部分はたいへん頑丈な組織で、少々傷つけられてもすぐにその機能は復活します。1度施術したくらいではダメージもさほどではなく、さらに毛には毛周期という発毛サイクルがあるため、それに合わせて処理を続ける必要があります。そうやって2ヶ月に1度、根気よく施術するうちに毛が薄くなり、その部位がツルツルとなります。

サロンでも毛根にアプローチする光線を用いますが、クリニックと違ってそのパワーが限定されているために、毛母細胞は一時的に弱体化するだけです。数年も経過すると発毛機能はよみがえり、ムダ毛がまた生えてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは威力抜群のレーザー光線を使用するため、毛根が完全に破壊される可能性が高くなっています。
つまり、いわゆる「永久脱毛」が可能なわけです。

3)必ず医師がマシンの操作をおこなう

上記の通り、サロンの脱毛方法は毛根にアプローチするものではありますが、レーザー脱毛とは違います。サロンの器械で放射される光とレーザー光線を比較すると、出力の点で銃弾と砲弾くらいの相違があります。危険性が低いので、サロンの施術スタッフには資格は必要ありません。

ところがレーザー脱毛となると、光線そのものがとんでもない破壊力を秘めているので、操作ミスが生じると深刻な火傷につながりかねません。そのためマシンを操作するのは、万一の事態に対応できる医師に限られています。
もちろん、応急処置ができる器具や設備もそろっているので、その点でも安心です。

医療脱毛の長所と短所

長所と短所

長所

・医師が施術してくれるので、トラブルが起こってもすぐに対処できる
・サロンより脱毛効果がはるかに高く、剛毛の人でも肌を無毛状態にできる
・脱毛完了までの期間が短めで、通う回数も少なくてすむ

短所

・キャンペーンが多くてリーズナブルなサロンと比べると、施術料が相当高い
・人によっては照射時の痛みがかなり強いため、施術そのものが嫌になる
・レーザー光によって炎症や毛膿炎が起こる場合がある

医療クリニックと脱毛サロン その違いとは?

違いについて
上の項目でも少しだけクリニックと脱毛サロンの差に触れましたが、ここで相違点をまとめておきます——

費用

昔から脱毛サロンは大きな広告を女性雑誌に載せていますが、そこには目を引くように「お得なキャンペーン」「○日まで限定」などと書かれています。これでお分かりのように、サロンのセールスポイントとなっているのはその施術料の安さです。

一方医療脱毛クリニックについては、医療機関ということもあって料金が値下げされることは滅多にありません。

ここで、一体サロンと医療クリニックでは脱毛完了まで費用がいくらかかるのか、一覧として記してみましょう。

まず脱毛サロンから。全国にチェーン店がある大手サロン20社の公式サイトから、部位別の平均料金を算出してみたところ——

・ワキ…16,833円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

という結果になりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットの検索で上位に出てくる20院の平均施術料を計算しました——

・ワキ…14,825円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

これで分かる通り、やはり医療クリニックは脱毛サロンより費用が高くなります。特にその差が極端なのが顔脱毛で、クリニックの料金は脱毛サロンの3倍以上です。

効果

すでに書いたように、医療クリニックとサロンでは施術方法が違うため、効果についても相当な差が出ます。

現在サロンで用いられている脱毛方法は、主にIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンでもかなりのシェアを占める脱毛方法で、光脱毛、フラッシュ脱毛と呼んでいる店もあります。1度の照射で広い範囲を処理できるため、腕、足、背中などの部位も素早く施術できます。照射出力も抑え気味なので、痛みもひどくありません。

他の方法も特徴がありますが、気をつけたいのはサロンの施術は「抑毛」「減毛」だということ。肌が無毛になったとしても、数年しかもちません。

一方、医療クリニックで使うレーザー光線はサロンとは段違いのパワーを秘めていて、再び毛が生える可能性が低くなります。

保証

クリニックと脱毛サロンの違いは色々とありますが、保証についてはそれほど差はない、と言えます。

満足ゆくまで施術を継続できる「永久保証」、一定期間まで有効期限を延長できる「期間保証」、中途解約時に払い戻しをおこなってくれる「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方にあります。

ただ、各クリニックによって条件そのほかは色々違いますから、トラブルにならないよう、あらかじめ公式サイトでチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの違いについて、意外に指摘されないのが支店(支院)の数です。

「それって何が大切なの?」と思われるかもしれませんが、脱毛の施術は発毛サイクルにしたがっておこなわれるため、完了までにどうしても長い期間が必要です。つまり最短でも数ヶ月、さらに大掛かりな全身脱毛のプランになると、数年間はサロンやクリニックに通わなければなりません。

そうなるとその期間に生活環境が大きく変わってしまう人も出てきます。
転勤・引っ越しがそうですが、新しい家の近所に契約していたクリニックの支院がないため、せっかく前払いした施術料がムダになることがあります。

部分脱毛なら数万円くらいかもしれませんが、部位を組み合わせたコースになると、前払いの金額が軽く20万円を越えてしまいます。引っ越しでそんな大金がムダになるのは腹立たしいことです。

有名サロンなら全国各地に店舗を設けていて、転居先でも契約を活かせる可能性が高くなります。ところがクリニックだとそれほど大きな規模のところは少なく、引越し先に支院がないケースも多いようです。

引っ越しの可能性があって損を避けたいなら、クリニックよりもチェーン展開をしている有名サロンの方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニック選びでの注意点は?

注意点について

施術料はいくらくらい?

医療クリニックで脱毛しよう、と決めた時、まずチェックしたくなるのはその料金でしょう。

上で記したように、サロンより医療クリニックは割高ですが、たとえばテレビコマーシャルで有名な「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛がかなりリーズナブルになっています。特に両脇のプランは、6回も施術できて料金は1,000円です。

このように格安で一部のパーツを施術してくれるところは他にもあるので、ぜひサイトなどで確認してみて下さい。

痛みへの対処は?

レーザー脱毛の大きな難点が照射時の痛みです。最近ではそれを軽くしようと、新機軸の機器を採用しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では「ジェントルレーズプロ」という器械を使っています。
これは施術箇所を冷やすことでレーザーの痛みを軽減。しかも麻酔代もかかりません。痛みを避けたい、という人には最適でしょう。

支院の数は?

全国に支院がどれだけあるか、というのも見逃せない点です。

それだけ繁盛している、ということで信頼性が高まりますし、予約も取りやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」は全国各地に支院があり、転居しても契約をそのまま活かせる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックについて、その脱毛方法、選び方のコツなどを細かく説明してみました。いかがだったでしょうか。

「施術料が高い」「レーザーの痛みが強い」などの理由からクリニックを避ける人も少なくないと思います。
しかし確かな脱毛効果を望むなら、サロンよりクリニックのレーザー脱毛の方がおすすめです。

どうかこのページを参考に、結果に満足できる医療クリニックを選んでください。

家庭用脱毛器を買う時に後悔しないためには?

昔、脱毛は手間と費用がかかることもあって、「お金持ちのぜいたく」と考えられていました。ところが最近は美容に対する意識が高まり、脱毛も「気楽に受けられるもの」というイメージに変わっています。

有名タレントを起用したサロンやクリニックのコマーシャルがテレビでも盛んに流され、その影響もあって高校生ですら施術に通っているようです。

また、施術に通う時間のない人などは、家庭用脱毛器を購入し、気になる部位のムダ毛の処理をおこなったりしています。

それを知って「自分もムダ毛で悩んでいるし、試しに脱毛器を買ってみようかな」という人もいるでしょう。ただ、全般的にまだまだ高価な器械ですし、その種類も驚くほど豊富です。
購入に失敗しないためにもその特徴や効果、メリットとデメリット、また自分に合うかどうかについて、しっかり理解する必要があります。

そこで、このサイトを立ち上げてみました。家庭用脱毛器の購入を考えている人のために、その選び方等に関して説明していこうと思います。

家庭用脱毛器はどんな美容器具なのか?

家庭用脱毛器
ムダ毛を処理するのに使われるツールには色々な種類がありますが、それらは大別すると2つに分けられます。つまり、肌表面に出た部分だけを処理するもの(電気カミソリ・カミソリ・クリームなど)と、毛根からムダ毛全体を引き抜くもの(ワックス・毛抜き・脱毛テープなど)です。

これらのうち、前者は「除毛」にあたり、「脱毛」とは呼べません。そして後者は肌に埋もれた部分を含めて毛を取り除くので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、発毛そのものを止めるわけではないので、すぐに毛は元通りになります。

これまでムダ毛の成長そのものを阻害するには、サロンやクリニックで施術を受けるしかありませんでした。

そんな時に発明されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛で悩んでいる人にとってこの上ない朗報でした。

何しろサロンやクリニックに通う場合、脱毛が終わるまでに最低で数ヶ月、長い場合は数年間はかかります。
その間に嫌になってやめる人も少なくないですし、その料金が10万円を越えることなど普通です。

それが家庭用脱毛器だと、もっとリーズナブルにプロレベルの脱毛ができるのですから、大人気商品になったのも当然でしょう。

ただ、1番安価なものでも2万円はしますから、いざ購入ということになると機種選びには慎重になってしまいます。

以下の情報や買い方のポイントをしっかり把握して、自分の予算と目的に沿った商品を選んで下さい。

買う際に留意すべき点とは?

留意すべき点
家庭用脱毛器は、方式・機種次第で効果のあるなしがハッキリと分かれる器具だと言われています。「値段がすごく安かったから」「デザインがカッコ良かったから」といった理由で衝動的に買ってしまうと、後で失望する場合が多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためにはどうしたらいいのか、そのポイントを述べてみます——

使い勝手の良さも大切

ネットで家庭用脱毛器に関する感想をチェックしてみると、

「『ムダ毛の手入れが効果的にできる』という評判なので購入してみました。でも持つところが私には重すぎて、ちょっと使っただけで手が疲れます」

「照射範囲が狭すぎます。打ち漏れが出るし、足の処理に時間がかかって大変」

「動作音が大きすぎて、夜中は近所迷惑になって使えません」

などの悪い口コミが結構目立ちました。このように「使用感に満足できない」という理由から、せっかく買ったけれどいつの間にか使用をやめてしまった、という人も少なくないようです。

こんな嫌な結果を避けるため、あらかじめ照射面積、連射機能、最大出力レベル等についてはサイトなどでしっかりチェックするようにしましょう。また近くに家電店があるなら、商品を色々触ってみて、重量がどれくらいなのか確認した方が無難です。

コストパフォーマンスは優秀か?

脱毛器購入の失敗例によくあるのは、本体を安く手に入れたものの、消耗品の購入費が思った以上にかかってしまう、というパターン。

家庭用脱毛器はリーズナブルな2万円台の機種から、10万円以上のハイスペックの製品まで色々そろっていますが、確実に消耗していくカートリッジのランニングコストを忘れてはいけません。

購入の前には、本体価格&カートリッジの維持費、そしてその交換頻度について、しっかりと確認しておきましょう。

脱毛効果をきちんと理解する

脱毛サロンと医療クリニックでは脱毛方式が違いますが、家庭用脱毛器でも各機種で異なる方式が使われています。現在メインなのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式といったところですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

手入れしたい部位、あるいはどれだけ効果をあげたいのかは使用する人によって違いますから、各方式の特徴を理解しておいた方がいいでしょう。

また、「1回の手入れで時間はどれほどかかるか」「顔やVIOなどの特殊な部位にも使えるか」といった細かいところも、なるべく調べておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つは、しっかり心に留めておきましょう。

脱毛器の使用に関するメリット、デメリット

メリット、デメリット

家庭用脱毛器のメリット

・サロンなどの予約時刻に束縛されず、ヒマのある時にひとりで脱毛ができる
・施術場所に出かける必要がないため、交通費などの経費が節約可能
・他人にあまり見せたくないパーツ(VIO、乳首周りなど)も時間をかけて脱毛できる
・自分の体質に合わせてパワーを変えられるため、照射時の痛みを軽くできる

家庭用脱毛器のデメリット

・家電としては値段が安いとは言えず、また高価な消耗品を買い続けないといけない
・海外製品にはパワーが強すぎるものがあり、日本人の肌に合わない
・サロンなどの施術と比べると、効果を実感するのに時間がかかる
・お尻、うなじ、背中といった体の裏側にあるパーツは処理がやりづらい
・使用によって肌のトラブル(炎症、火傷、切り傷など)が生じても、あくまでも自己責任になる

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能なのか?

永久脱毛は可能なのか?
脱毛のメカニズムに関しては、ほとんどの家庭用脱毛器はサロン・クリニックのマシンと変わりません。ただ、肌トラブルを起こさないように照射出力が抑えられているので、家庭用脱毛器で永久脱毛はできないようになっています。

なお、勘違いしている人が少なくないのですが、サロンの施術はあくまで「抑毛」です。発毛機能はただ単に弱体化するだけなので、数年経つと毛がまた伸びてきます。

もし永久脱毛をやりたいなら、レーザー脱毛が可能な医療クリニックに行きましょう。

脱毛方式の種類とその原理

家庭用脱毛器の脱毛方式には数種類あります。それらを紹介してみましょう——

フラッシュ式

この方式は脱毛サロンと同じもので、ほとんどの家庭用脱毛器で採用されています。IPLと呼ばれる特別なライトを肌に当てると、表皮の奥にある毛根の発毛器官が熱のせいで弱体化。日数をおきながら照射し続けていくと、その部位のムダ毛の本数が段々少なくなっていきます。

最大のメリットは光の照射口が広く、ワンショットの照射面積が大きいこと。
そのためムダ毛の処理がスピーディにできます。打ち漏れの可能性も少ないので、足・腕などの広い部位を手入れするにはピッタリです。

照射パワーもレーザー式ほど強くないため、火傷も起こりにくくなっています。もちろん痛みも軽微ですみます。

デメリットは脱毛完了までの日数が長いことですが、それでも最初の照射からおよそ1年でお肌がツルツルになります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、クリニックの器械と同じ方式です。肌に照射されたレーザー光がムダ毛のメラニン色素に反応。その結果、毛乳頭などが高熱に包まれて発毛が阻害されます。

レーザーは狭い範囲に集中するので、効果的な処理ができます。剛毛、あるいは指や顔の一部などを手入れしたい人に最適です。

完了までの期間も短く、2週間に1度照射すれば、3ヶ月ほどで効果が出ます。

ただ広い部位の場合、1回の照射にどうしても時間がかかりますし、打ち漏れも起こりやすくなります。

また、デメリットとして見逃せないのが、「痛み」です。ネットでも「思わず声が出た」「照射直前はビクビクする」といった口コミが目立ます。

特に脇、骨付近のスネ、デリケートゾーンはかなり痛いようなので、照射パワーを上げすぎないように注意が必要です。

また、ホクロ、シミにはレーザーが反応することがあるので、シールなどでカバーしておく方がいいでしょう。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピッカーというピンセット状の先端でムダ毛をはさみ、そこにごく弱い電流を流すことで手入れを行います。フラッシュ式やレーザー式のような特殊なライトを使わないので、額の生え際や眉毛など、目付近の部位の毛を処理できます。

また、日焼け肌のムダ毛や白髪は光による方式では手入れできないのですが、高周波なら処理可能です。

ただ、1本ずつの処理になるため、背中、足、腕といった広い部位には不向きです。できるだけ素早くムダ毛処理をおこないたいという人には、フラッシュ式の方が向いているでしょう。

以上解説してきた3方式は、すべて発毛機能に損傷を及ぼして毛の処理をおこないます。そして3つとはやり方が異なるのですが、やはり「脱毛器」と名前のついている「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても一応触れておきます。

サーミコン式脱毛器ですが、ヘッド内蔵の熱線でムダ毛を焼き切ります。あくまで表面に伸びている部分を処理するだけで、毛根には何もしません。つまり本当は「除毛」に当たります。

ただ、これで手入れすると毛先が丸くなるので、カミソリ処理によるチクチクがイヤな人には役立つでしょう。

最後に「ローラー式」です。これはローラーヘッドを肌に転がすことで処理をおこないます。

方法自体は毛抜と同じですが、素早く広範囲を手入れできるのがメリットです。もちろん毛穴や肌には負担をかけるので、推薦はできかねます。

主要な家庭用脱毛器の値段は?

家庭用脱毛器の値段は?
家庭用脱毛器を買う際に最も気にかかるのが、その値段でしょう。

公式サイトのデータをもとに、主な家庭用脱毛器の価格をまとめてみました——

ノーノーヘア…¥12,800

エピレタ…¥17,800

センスエピX…¥29,800

ラヴィ…¥39,800

トリア…¥54,800

ローワン…¥54,800

フィリップス…¥66,880

2PSクリスタル…¥69,800

ケノン…¥69,800

ダブルエピ…¥81,000

レイボーテグランデ…¥108,000

以上、最も安い機種は12,800円、そして最も高い機種は108,000円となっています。

すでに述べたように、購入時はカートリッジの値段を考慮することが大切です。本体価格とカートリッジの総計がいくらなのか、自分でチェックしておきましょう。その数字を比較することで、本当の価格の差が分かります。

たとえば上の機種のうち、特に人気のある4つについて、その照射コストを比べてみると——

・ケノン
1回の照射コスト…約0.15円
照射面積…9.25平方cm

・ラヴィ(オールインワンセット)
1回の照射コスト…約0.2円
照射面積…7.4平方cm

・トリア
1回の照射コスト…約0.06円
照射面積…1平方cm

・センスエピX
1回の照射コスト…約0.09円
照射面積…2.7平方cm

となります。

この結果から「1回の照射コストの違いなんて、ほとんどない」と考える人がいるかもしれません。しかし脱毛は1回では終わらず、2週間ごとに照射を継続する必要があります。
つまり、ワンショットのわずかな差でも、何回も繰り返すことで予想以上の大きな違いとなります。

また、「照射範囲」も忘れてはいけません。1回の照射範囲が広いとショット数はそれだけ減少しますから、カートリッジの費用も節約できます。

トリアなどレーザー式ですから、照射範囲は狭くなります。そのためフラッシュ式のラヴィやケノンと比べると、照射面積は半分を下回っています。

広い部位を手入れしたい人など、各機種の1回の照射コストと面積がどれほどなのか、よく把握しておきましょう。その上で、なるべくリーズナブルな商品を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の長所・短所、選び方のコツなどについて細かく解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で書いたように、家庭用脱毛器はその機種・脱毛方式によって用途や効果が異なります。
また本体の値段以外に、消耗品となるカートリッジのコストをしっかり知っておくことも大切です。

ぜひ自分にふさわしい機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。